So-net無料ブログ作成

『惑星』のオルガンと女声合唱を間近で聴く【日フィル4月定期『英国プログラム』】 [音楽・楽器]

きのうは日フィル4月定期を聴きに行きました。
先月は東京定期と横浜定期ともにベートーヴェンでしたが、今回はブリテン&ホルストというイギリスの作曲家の作品を並べたプログラムです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第679回 東京定期演奏会
日時:2016年4月22日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ピエタリ・インキネン(首席客演指揮者)
独奏:庄司紗矢香(ヴァイオリン)
合唱:東京音楽大学(女声合唱)
曲目:ブリテン ヴァイオリン協奏曲
   ホルスト 組曲「惑星」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_サントリー20160422.jpg

前半のブリテンのヴァイオリン協奏曲は初めて聴きました。
ブリテンというと「青少年のための管弦楽入門」の印象が強くて、そんなに難解な曲を書く人とは思わないんですが、やはり20世紀の作曲家。
この協奏曲もそんなに「分かりやすい」作品ではありませんでした。
独奏の庄司さんは楽譜を置いて弾いてました。

後半は、超有名曲の「惑星」。
私は富田勲さんのシンセサイザー演奏で知り、その後、吹奏楽で「木星」が取り上げられるのでよく聴きましたし、高校時代に吹奏楽で演奏したことがあります。

しかし、オケで全曲やるとなると、バスオーボエやオルガンが必要で、さらに終曲の海王星だけ女声合唱が入るという特殊な編成のため、なかなか取り上げられません。
実演で聴いたのはたぶん2回目か3回目。
私自身、つい2〜3年前に初めて弾きましたが、その1度だけです。

日フィル定期はP席なので、オルガンが間近で、椅子が震えました。
そして、女声合唱はP席後方の通路で歌っていたので、結構近くで聞こえました。
最後はだんだん弱くなるのですが、ドアを少しずつ閉めていったのではないかと思います。
(ドアは見えませんでしたが…。)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。