So-net無料ブログ作成

マエストロ・コバケンの『十八番?』【日フィル1月定期を聴く】 [音楽・楽器]

前の晩にNHK交響楽団を聴いたばかりですが、昨夜は同じサントリーホールで日フィルのの定期演奏会を聴きました。
前夜に続きロシアの作曲家の作品。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第677回 定期演奏会
日時:2016年1月22日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:小林研一郎(桂冠名誉指揮者)
コンサートマスター:木野雅之(日フィル・ソロコンサートマスター)
曲目:リムスキー=コルサコフ 交響組曲「シェエラザード」
   ストラヴィンスキー バレエ組曲「春の祭典」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201601.jpg

「シェエラザード」は「千夜一夜物語」(アラビアンナイト)を題材にした壮大でエキゾチックな曲。
以前は吹奏楽でもよく演奏されましたが、最近はどうなんでしょう?

マエストロ・コバケンはたびたび演奏していて、いわば「十八番」(おはこ)と言えるのではないでしょうか。

後半は「春の祭典」(通称「ハルサイ」)。
あまりにも「前衛的」なため、103年前(1813年)のパリでの初演の際は、客席が騒然となったそうです。
その複雑なハーモニーやリズムゆえ、かつては「振れる指揮者は世界に数人しかいない」などと言われたとか。
(私自身、2度演奏したことがありますが、ちゃんと弾けていたのかどうか…。)

マエストロ・コバケンは「シェエラザード」「春の祭典」ともに、もちろん暗譜で振っていました。
こちらもまさに「自家薬籠中」ということなんでしょうね。
オケの方も、2曲ともに「一丸となってマエストロ・コバケンの棒に応えている」という感じでした。
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 10

コメント 2

johncomeback

いつも拙ブログへ nice ありがとうございます。
特に理由は無いのですが、暫く拙ブログは休止します(^^)
by johncomeback (2016-01-25 15:31) 

Lionbass

johncomebackさま
ご丁寧にありがとうございます。
いつもnice!押し逃げ(笑)ですみません。m(_ _)m
今後ともよろしくお願いします。
アテンザワゴンの記事、間もなくアップ予定です。
by Lionbass (2016-01-28 14:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。