So-net無料ブログ作成

熟成された感じのカッコイイ演奏でした【デュトワ指揮N響B定期を聴く】 [音楽・楽器]

更新が停滞気味ですが、昨夜はN響B定期を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団第1825回定期演奏会Bプログラム
日時:2015年12月17日(木)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:シャルル・デュトワ
オルガン:勝山雅世
曲目:コダーイ ガランタ舞曲
   バルトーク 組曲「中国の不思議な役人」
   サン・サーンス 交響曲第3番ハ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

IMG_2908フィルハーモニー201512回転.jpg

前半はコダーイバルトークというハンガリーの作曲家の作品。
実はどちらも演奏したことがなく、聴いたこともあまりないんですが、コダーイは「ハーリ・ヤーノシュ」、バルトークは「管弦楽のための協奏曲」などをやったことがあるので、どことなく覚えがある感じ。
やや東洋的な響きの部分もあって、懐かしい感じもしました。

後半はサン・サーンスの代表曲、交響曲第3番です。
オルガンが活躍することから「オルガン付き」の愛称で親しまれていて、デュトワ自身、N響で振るのは3回目だそうです。

そして、N響のB定期で取り上げられるのは2013年2月以来およそ3年ぶり
実は13年2月の演奏会(2日目)も聴いていたんですが、第2部後半でオケがかなりずれてハラハラしたのをよく覚えています。
それにくらべると、とても熟成されたというか、指揮もオケも手慣れた感じで、でもとても前向きなとてもいい演奏でした。
特に前半、リズムがとても難しい曲なのですが、デュトワの棒は先に行くところはどんどん先に行きながら、きちんと押さえるべきところはキッチリ振る感じで、まさに自由自在。
(個人的にはマエストロ・デュトワの振り方はカッコよくて好みなんですよね…。)
かつて常任として共演を重ねてきたN響もその意図をよく分かっている感じでした。

主演後にはオケの女性ヴァイオリン奏者から真っ赤なバラ(らしき)花束を贈られ、マエストロもご満悦の様子でした。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。