So-net無料ブログ作成

『大地の歌』が心に染み入りました【インキネン=日フィル演奏会を聴く】 [音楽・楽器]

連日のコンサート通い、昨夜は日フィル定期に行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第675回東京定期演奏会
日時:2015年11月6日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ピエタリ・インキネン(首席客演指揮者)
テノール:西村悟
バリトン:河野克典
曲目:《シベリウス生誕150周年》
   シベリウス 歴史的情景第1番
   シベリウス 組曲「ベルシャザールの饗宴」
   《マーラー撰集Vol.6》
   マーラー 「大地の歌」 テノールとアルト(またはバリトン)とオーケストラのための交響曲
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィルプログラム201511.jpg

指揮のインキネンは現在「首席客演指揮者」ですが、来年秋に日フィルの首席指揮者に就任することが決まっています。
聴くのは去年11月の日フィル定期(マーラー7番)につづき2度目。

前半はインキネンの出身国であるフィンランドの国民的作曲家、シベリウスの2曲。
「歴史的情景」は有名な「フィンランディア」と同じころに作曲された作品ということで、その「フィンランディア」や、私自身今年7月に演奏した交響曲第1番などに似た部分もあって、とても「シベリウスらしい」曲でした。

次の「ベルシャザールの饗宴」は舞台(戯曲)の付随音楽とのこと。
聖書のバビロン捕囚に題材を取った物語ということですが、オーケストラはやや小さめの編成で叙情的な作品でした。

そして後半はマーラーの「大地の歌」。
大規模なことで知られる第8番「千人の交響曲」につづく作品で、「第9番が最後の作品になる」というジンクスを気にして、「第9番」と名付けなかったとも言われています。
中国の漢詩を元にしたドイツ語の歌詞に曲を付けたもので、全部で6楽章あります。
「生と死」「別れ」を歌っていて、最後は「新たな緑が萌え出る 遠きところが碧く光る 永遠に」と終わります。

マーラーが晩年(50歳で亡くなる約3年前)にこのような曲を作ったように、この歌詞は年を取った方がよく分かるのかもしれません。
なんだか心に染み入るような気がしました。

終演後は指揮者、インキネンによる「アフタートーク」がありました。
まあ、そんなに「すごい話」が飛び出す訳ではありませんが、この種の「ファンサービス」は嬉しいですね。
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 2

hanamura

ああ、毎回なんだか、うらやましい。
大地の歌は、シドニー・オペラハウスの天井桟敷的な端っこで、歓喜号泣状態の妙齢のお嬢様と、一緒に号泣した日を想い出します。観光ガイドさんに教えてもらって、チケット(当日券)をGETしたのですが、もう、記憶が曖昧になっています。
by hanamura (2015-11-07 14:56) 

Lionbass

hanamuraさま
うらやましがらせて申し訳ありません。m(_ _)m
数年前まで平日夜の演奏会には行けない勤務だったので、プロオケの定期会員になったのはここ3~4年なんです。
by Lionbass (2015-11-09 09:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。