So-net無料ブログ作成

1週間で2度目のブルックナー8番【みなとみらい21響演奏会を聴く】 [音楽・楽器]

1週間前にブルックナーの交響曲第8番を演奏したばかりですが、きのうは知人多数出演の同じ曲を聴いてきました。
場所はミューザ川崎。

img_ミューザ20150221.jpg


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
みなとみらい21交響楽団第8回定期演奏会
日時:2015年2月21日(土)13:30開演
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール
指揮:児玉章裕
曲目:ワーグナー 楽劇「神々の黄昏」より
   夜明け~ジークフリートのラインへの旅~ジークフリートの葬送行進曲
   ブルックナー 交響曲第8番ハ短調(ノヴァーク版第2稿)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


弦楽器は対向配置でした。
1stヴァイオリン後方の席に座ったので、まさに先週の自分の視点を同じような気持ちで聴いてました。
ただ、ハース版とノヴァーク版ということで、ところどころ違っている部分があって「あれ?」となりました。
そういえば、3楽章に2カ所だけ出番があるシンバルとトライアングルは2楽章が終わったところで入場してました。

先週と同じ視点で見たので、指揮者の違いがよく分かりました。
演奏自体は、「それぞれが頑張ってる」という感じで、もう少しまとまりが欲しいと思いましたが、でも熱演だったと思います。

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。