So-net無料ブログ作成

懐かしのスークとマーラー1番を聴く【読響名曲シリーズ】 [音楽・楽器]

読響のサントリー名曲シリーズ聴きに行ってきました。
曲目はスーク「弦楽セレナード」とマーラー交響曲1番。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第575回サントリーホール名曲シリーズ
日時:2014年10月17日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ペトル・ヴロンスキー
曲目:スーク 弦楽のためのセレナード
   マーラー 交響曲第1番 ニ長調「巨人」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

IMG_読響201410.jpg
img_読響プログラム201410.jpg
スークはドボルザークに師事したチェコの作曲家で、マーラーはチェコ(ボヘミア)出身のユダヤ人で後にウィーンで活躍しました。
指揮者はチェコ人だということで、どちらの曲も手慣れた感じでした。
(両方とも暗譜で降ってました。)

私はマーラー好きではあるのですが、きょうはスークが目当てでした。

というのも、スークは2012年1月に開かれた粒オケ(ツイッターオーケストラ)の室内楽大会「粒あん♪♪」で指揮した曲。(ただし1楽章と4楽章だけでしたが…。)
3年近くたって、もはや懐かしい思い出という感じで、いろいろ思い出しながら聴いてました。
弦楽器全員出演(たぶん16型)でした。

マーラーは変にいじってないというか、割とオーソドックスで穏やかな演奏。
もちろん個々の楽器の名人芸は楽しめました。
コントラバスの並びは2-4-2でした。
3楽章冒頭は全員弾きではなくソロ。
始まって4小節目頭のF(ファ)の音を親指で取ってましたね。
あと、最後の小節の高い方のA(ラ)はハーモニクスでした。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。