So-net無料ブログ作成

「TPP興国論」 [読書]

▼読み終わった本
*「TPP興国論」
松田学・著、KKロングセラーズ・ロング新書


TPP興国論

TPP興国論

  • 作者: 松田 学
  • 出版社/メーカー: ロングセラーズ
  • 発売日: 2012/02/24
  • メディア: 新書

【表紙カバー紹介文】
**************************

櫻井よしこさん推薦!
本書は広い視野に立ち、
強い日本を
抽き出すガイドである。
**************************

「元財務官僚の日本が強くなるシナリオ」という副題が付いています。

というわけで、著者の松田さんは大蔵省(のち財務省)にお勤めだった元高級官僚なのですが、既に退官して議員を目指して活動中。
実は大学オーケストラの同級生(チェロ弾き)です。

この本は、TPP(環太平洋経済連携協定)について、これまでに日本で起きている『反対論』の問題点を指摘して、これからの日本のあり方について考える本です。
ただし、著者が最初に断っているのは、「無条件に参加すべき」と主張するものではないということ。

ただ、政府の進め方が、詳細を明らかにせず、交渉の立場についてもあいまいなままきちんと説明しなことが、『反対派』の勢いを増すことに繋がっていることなどを、分かりやすく明らかにしています。

第三章「TPPで日本は滅びません」では、「農業」「医療」「金融、投資」「ヒト、その他」に分けて、反対論が的を射ていないことを指摘しています。

また、過去の(主に日本とアメリカの間の)「貿易摩擦」について、日本政府がどのように対応して来たのか、まさに交渉に携わった人間ならではの説得力で説明しています。

もちろん、現状や過去の経緯の説明だけでなく、「日本が今後取るべき道」についても、分かりやすく説いています。
「TPP反対」の本はたくさん出ているようですが、この松田さんの本も版を重ねているとのこと。

果たして、交渉の行方はどうなるのでしょうか?
そして「反対」「賛成」どちらの主張が正しいのでしょうか?
関心を持ってみていきたいと思います。

▽購入した本
*「日本の歴史をよみなおす」
網野善彦・著、ちくま学芸文庫


日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)

日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)

  • 作者: 網野 善彦
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2005/07/06
  • メディア: 文庫



nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 4

YAP

肉にしても果物にしても、海外のものを受け入れるようになってから、余計に日本産のものの良さが際立つ例も多くあります。
この手の論争は、黒か白かの両極端に話が分かれますが、ものによってもっと柔軟に考えてもいいような気がします。
by YAP (2012-04-30 18:06) 

ぬれぴよこ

反対派、賛成派、それぞれの意見を聞くとどちらもそうかな~と思うとこもありますが、どちらかと言えば(日本が主張すべきことをキチンと主張した上で)、参加したほうがいいのかなと思ったりしています。結局は実際に始まってみないとどうなるかわかりませんけどね~(・_・;
by ぬれぴよこ (2012-05-04 23:17) 

Lionbass

YAPさま
なかなか「冷静な議論」というのを目にしませんよね。
1990年代に「コメ市場開放」の議論をした際も、「これで日本のコメは壊滅」みたいなことを言う人もいましたが…。
by Lionbass (2012-05-07 11:44) 

Lionbass

ぬれぴよこさま
まだ「交渉するかどうか」という段階ですし、「中身が確定していない」ものについて「参加の仕方」の議論をしているわけで、「始まってみないとわからない」のは当然ですよね。
「悪い点」とか「いい点」だけ取り上げて説明する人たちは、先に結論があるんでしょうが…。
by Lionbass (2012-05-07 11:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。