So-net無料ブログ作成

芸劇初めてのステージ横の席は大迫力でした【読響マチネーシリーズを聴く】 [音楽・楽器]

きのうは読響のマチネーシリーズを聴きに行きました。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第187回日曜マチネーシリーズ
日時:2016年5月29日(日) 14:00
会場:東京芸術劇場大ホール(東京・池袋)
指揮:キリル・カラビッツ
独奏:ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)
曲目:ベルリオーズ 序曲「ローマの謝肉祭」作品9
   シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
   プロコフィエフ バレエ音楽「ロミオとジュリエット」から
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
【芸劇1階ロビーより】
img_池袋芸劇201605.jpg


マチネーシリーズの日曜日の分、今シーズンから会員になってますが、先月は振り替えて土曜日に聴いたので、正規の席で聴くのは初めて。
席はステージ真上(上手側=向かって右側)です。

トランペットやトロンボーンが目の前。
テューバやコントラバスはすぐ下なので、残念ながら演奏中は見えません。

サントリーホールではいつもP席(ステージ後ろ側)に座るんですが、それとはまた違った迫力があって、演奏を楽しみました。

きのうのプログラムは「ローマの謝肉祭」、シベリウスVn協奏曲、プロコフィエフの「ロメジュリ」というフランス→フィンランド→ソ連という3曲。

1曲目と3曲目は金管や打楽器が活躍する曲で、ステージに近い利点がまさに感じられました。

一方、Vn協奏曲ですが、通常ステージ後ろ側だと独奏者の音が聞こえにくい場合があるんですが、ムローヴァはそんなことはなく、とても素晴らしい演奏でした。

指揮のカラヴィッツは、表情豊かでとても的確な棒で、好感が持てました。

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

パパ・ヤルヴィの『未完成』は快速でした【N響5月B定期を聴く】 [音楽・楽器]

昨夜はN響B定期を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団第1837回 定期公演 Bプログラム
日時:2016年5月26日(木)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ネーメ・ヤルヴィ
曲目:シューベルト交響曲 第7番 ロ短調 D.759「未完成」
   プロコフィエフ交響曲 第6番 変ホ短調 作品111
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_フィルハーモニー201605.jpg

指揮はパパ・ヤルヴィことネーメ・ヤルヴィ。
パーヴォ・ヤルヴィ、クリスチャン・ヤルヴィという兄弟指揮者のお父さんです。
バルト三国のエストニア出身で、旧ソ連で学んだそうです。
78歳だそうですが、とても元気そう。
やはり指揮者は長命な人が多いですね。

きのうのプログラムは2曲。
前半は超有名曲、シューベルトの「未完成」です。

テンポが結構速めで、途中結構変動があったのと、ディナミーク(音の強弱)の変化の付け方が独創的。
弱音の部分が印象的でした。

後半はプロコフィエフの6番。

実演どころか、録音(CDなど)を含めても、ちゃんと聴くのは恐らく初めて。
そもそも、プロコフィエフは「ピーターと狼」と「ロメオとジュリエット」くらいしか演奏したことありません。
全体として、『プロコフィエフ節』満載で、ところどころ「ロメオとジュリエットに似ているかな」という部分も多く、興味深く聴きました。

まあ、「自分で演奏したいか?」と聞かれると、あまり積極的に「YES」とは言えませんが…。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

拙著「アマオケに乾杯!」YAMAHAのサイトで紹介 [日記・身辺雑記]

拙著「アマチュアオーケストラに乾杯!」(NTT出版)をYAMAHAのサイト内、「音遊人」のページで紹介していただきました。


【音遊人ブックレビュー】
「アマオケの実態を本音で紹介、演奏する人も聴く人も必読の白書」
=アマチュアオーケストラに乾杯!素顔の休日音楽家たち=


紹介文を一部引用すると…
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
アマオケに所属している人にとっては、思わず「そうそう!」と共感したり「なるほど!」と参考になったりする内容。
これから始めようかと考えている人には、背中を押す一冊となるはずだ。
そして、これまでアマオケとの接点がなかった人は興味を抱き、演奏会に足を運ぶきっかけになるだろう。
演奏する人、聴く人……音楽はすべての人のためのもの。読み終わるころにはそう実感する。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

(引用終わり/改行を追加しました)

img_カバー無名版33%.jpg
アマチュアオーケストラに乾杯!:素顔の休日音楽家たち

アマチュアオーケストラに乾杯!:素顔の休日音楽家たち

  • 作者: 畑農 敏哉
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2015/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

珍しい『ロシア・ソ連プロ』は熱演でした【日フィル5月東京定期を聴く】 [音楽・楽器]

きのうは日フィル東京定期。
プログラムは、指揮のラザレフ(まもなく首席指揮者退任)が得意とするチャイコフスキーとショスタコーヴィチというロシアとソ連の作曲家の作品。
会場は5日前にベルリンフィルを聴いたサントリーホールです。
img_SUNTORY20160520.jpg
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第680回東京定期演奏会
日時:2016年5月20日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:アレクサンドル・ラザレフ(首席指揮者)
曲目:チャイコフスキー 組曲第1番 二短調 作品43
   ショスタコーヴィチ 交響曲第6番 ロ短調 作品54
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201605.jpg

全体として、個人技(名人芸)がちりばめられた名演・熱演でした。

最初のチャイコフスキー「組曲第1番」は6曲からなる作品。
ちゃんと聴いたのはたぶん初めてでした。
(FMラジオで聞いたりしたことあるかもしれません。)
チャイコフスキーの管弦楽作品というとバレエ音楽がよく知られますが、この組曲も「チャイコフスキーらしさ」が随所にあって、面白い曲でした。
編成にトロンボーン・テューバが含まれていないので、「あれっ?」とか「ここにトロンボーンの音がほしいな」と思ってしまうところがありましたが…。

2曲目はショスタコーヴィチ。
「交響曲全集」6番は持っているのでCDはあるのですが、たぶんちゃんと聴いたことはありません。
(自分自身第5番と第10番しか演奏したことがありません。)
1楽章は第5番に、3楽章は第10番に似たところがあって、「ショスタコーヴィチ節」を楽しみました。
この曲、日フィルのの「本気さ」が伝わってきたように思います。
オーケストラを「その気・本気」にさせるのは、指揮者に必要な能力ですよね。

ちなみに、マエストロ・ラザレフの衣装はジャケットもネクタイもなしの黒シャツ。
例によって棒なしの指揮でした。
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ベルリンフィルの第九はコントラバスがすごかった [音楽・楽器]

きのうはベルリンフィルの公演を聴きに行きました。
東京公演の最終日、演目は「第九」です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
TDKオーケストラコンサート2016
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団来日公演
日時:2016年5月15日(日)15:00開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:サー・サイモン・ラトル
独唱:イヴォナ・ソボトカ(ソプラノ)
   エヴァ・フォーゲル(メゾソプラノ)
   クリスティアン・エルスナー(テノール)
   ドミートリ・イワシェンコ(バス)
合唱:新国立劇場合唱団
合唱指揮:三澤洋史
曲目:ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_サントリーホール20160515.jpg

いつもP席(ステージ後ろ側)が多いので、サントリーホールの1階席には久しぶりだったかも。

演奏ですが、ところどころ「そう来るのか」という部分があるものの、全体としては割とオーソドックスだったように思います。

「あれっ?」と思ったのは、2楽章途中で1stヴァイオリンが半分休んでいたことや、4楽章のバリトン(バス)のソロでよく知っている楽譜とは少し違っていたこと、そして、4楽章一番最後の「Maestoso」(マエストーソ)の部分でテンポがかなり速かったことくらいでした。

オケは「対向配置」でコントラバスは下手(ステージ向かって左側)。
私の席は前方の左側だったので、コントラバスの様子がとてもよく見えました。

第九の4楽章には、かなり細かい音符の並ぶ部分があちこちにあって、コントラバス弾きにはかなり高度なテクニックを要求されます。
(アマチュアにはほとんど演奏不可能だとさえ思ってます。)
でも、きのうのベルリンフィルの奏者はみんなちゃんと弾いているように見えました。
みんなが「手を抜かずに一生懸命」のようで、「すごい!」と感動するほど。
昔から「ベルリンフィルはコントラバスが支えている」と指摘されますが、まさにその通りだと思いました。

演奏終了後、鳴りやまない拍手に応えて指揮のサー・サイモンが何度かステージに戻ってきて、最後に日本語と英語で挨拶。
来場者もようやく帰路に就きました。

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

超久しぶりのドヴォルザーク6番【狛江フィル演奏会終了】 [音楽・楽器]

きのうは賛助出演した狛江フィルの演奏会でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
狛江フィルハーモニー管弦楽団 第37回定期演奏会
日時:2016年5月14日(土)午後2時開演
会場:エコルマホール(小田急線狛江駅前)
指揮:三河正典
独奏:門脇大樹(神奈川フィル首席チェロ奏者)
曲目:ブラームス「悲劇的序曲」
   エルガー チェロ協奏曲ホ短調
   ドヴォルザーク 交響曲第6番ニ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_エコルマ201605.jpg
(会場のエコルマホール内部の様子)

今年4回目の演奏会出演でした。
(きのうを含め3回はコントラバス、1回は指揮)

エルガーのチェロ協奏曲はそんなに頻繁に演奏される曲ではなくて、私自身初めてかと思っていたんですが、家人(アマチュアチェロ弾き)によると、十年以上前にやったことがあるらしい。
(全然覚えてませんでした。)
門脇さんのソロは「素晴らしい」の一言でした。
さすが、若くして神奈川フィルの首席を務める名手だと思いました。

そして、後半のドヴォルザークの交響曲6番ですが、こちらもあまりプロ・アマともに取り上げません。
よく演奏されるのは第9番「新世界より」と第8番。
(第8番は私自身、今年2月に弾いたばかり。)
その次に7番が演奏機会が多く、私自身、5年ほど前、半年に3回やったことがあります。

この6番はブラームスの交響曲第2番との類似性がよく指摘される曲で、確かに、調性(ニ長調)をはじめ、テーマの雰囲気や楽器の使い方などが若干似ています。
それでいて『ドヴォルザーク節』のようなものもちりばめられていて、なかなか素敵な曲です。

私自身は、大学時代にA学院大学のオーケストラに賛助出演したとき以来でしたが、学生時代の方がやはり記憶力が確かだったんでしょう。
上記チェロ協奏曲に比べると、曲をかなり覚えていました。

後半の交響曲を客席で聴いてくださっていたソリストの門脇さんによると、低弦(チェロ・コントラバス)はよく聞こえていたそうです。
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

社員食堂にて久しぶりの「トルコライス」 [食べ物・グルメ]

先日、久しぶりに長崎名物「トルコライス」をいただきました。
職場の社員食堂のレギュラーメニューらしいんですが、食べたのは初めて。

「トルコライス」とは、「ピラフ」「トンカツ」「スパゲティ(ナポリタン)」を3つを1枚のお皿に盛り付けた「大人のお子様ランチ」とも言うべきワンプレートメニューです。

img_トルコライス201604.jpg
こんな感じで、「ワンプレート」というよりは(浅めの)どんぶりに入ってます。
ピラフなのかどうかよく分かりませんでしたが、味はまあまあでした。

当ブログ(旧アカウント含む)では、トルコライスについて何度も書いてきました。
いろんなところで、「メニューにトルコライスを見かけたら出来る限り注文する」ようにしてますので…。

トルコライスと全日空B787とお土産いろいろ【関西・長崎旅行記(10)・終】
大森ベルポートでトルコライスを食す
三芳PAのトルコライス
「長崎名物トルコライス」@ロイヤルホスト
池袋で「トルコライス」
トルコライス弁当!?=長崎出張記(6)
長崎県人飲み会とトルコライス


そして、「トルコライス」の起源ですが、かの福沢諭吉が(明治時代初期に)「ピラフ」を日本に紹介した際に、「トルコめし」と呼んだのが始まりではないかと思います。

これが大正・昭和にかけて全国で定着し、第二次大戦後に長崎で、ピラフを中心にトンカツ(それにスパゲティ)を配したメニューを考案した際に「トルコライス」を名付けたのであろうと推測されます。

「3つの要素(ピラフ、トンカツ、スパゲティ)が中東・アジア・ヨーロッパを表している」などの説もあるようですが…。
ちなみに、トルコはイスラム教の国ですから、トンカツ(豚肉)は食べません。

なお、福沢諭吉の「トルコめし」については、こちらの(旧ブログの)エントリーをごらんください。
トルコライスの起源は福沢諭吉にあり!?(前編)
トルコライスの起源は福沢諭吉にあり!?(後編)




nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コントラバス・アンサンブル2016を聴く [音楽・楽器]

きのうは、この季節恒例(!?)コントラバスアンサンブル親睦演奏会2016を聴きに(見に?)行きました。
前回は2014年に聴いたので、2ねんぶり。
会場は、東京・蒲田にある大田区民ホール・アプリコ小ホール。


img_Cbアンサンブル看板201605.jpg

二重奏(デュエット)から38人(!)での演奏まで、さまざまな形態の合奏。
(といってもすべてコントラバスだけの演奏)
事前によく練習してきた団体もあれば、その場で(本番前の数時間)合わせただけのアンサンブルもありましたが、どれも楽しい演奏でした。
中でも、プロの方々の演奏は聴きごたえがありました。

そして、こちらの写真は、恒例の「集合写真」=通称「まぐろのセリ」!
写真には一部しか写ってませんが、全部で40本あるそうです。
img_Cbアンサンブル201605.jpg

それぞれの楽器の価格は知りませんが、プロ奏者・音大出身の人の楽器はそれなりのお値段だと思うので、平均単価はかなりのものなはず。
総額ではかなりのお値打ちだと思います。
nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術」「新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか」「50ヵ国語習得法」「生活保護」=読み終わった本(2016.04) [読書]

「読み終わった本」リスト(備忘録)、2016年4月分です。

▼読み終わった本
*「辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術」
飯間浩明・著、PHP新書

辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術

辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術

  • 作者: 飯間 浩明
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/04/16
  • メディア: 新書

著者は「三省堂国語辞典」の編纂に携わった日本語学者。
そういえばツイッターでフォローしてます。
「辞書の編纂」に関わる専門的な話かと思って買いましたが、もっと日常的な国語・日本語の疑問・問題点に関するさまざまなエピソードが綴られていて、興味深く読みました。
私はメディアで仕事しているので、普段から日本語については関心を持っているのですが、とても勉強になる本でした。

▼読み終わった本
*「新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか」
田村圭介×上原大介・著、SB新書

新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか

新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか

  • 作者: 田村 圭介
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/03/05
  • メディア: 新書

新宿駅を「ダンジョン」(RPG=ロールプレイングゲームに出てくる地下の要塞・迷宮のような巨大構造物)に見立ててゲームを作ったゲームクリエーターと、建造物に詳しい一級建築士の共著。
「新宿」と付く駅は10あり、1日に364万人が利用しているということですが、新宿駅がどんな「特徴」を持っていて、どのような構造になっているのかを解き明かしてくれます。
私自身、一時期、毎日新宿駅で電車を乗り換えてましたし、最近もよく通ります。
ウン十年前、現在の家人と付き合い始めたころ、新宿で待ち合わせたものの、危うく会い損ねるところだった、という経験もあります。
もうちょっと、鉄道会社や百貨店など建物(駅ビル)所有者側からの視点もあってもいいような気もしましたが、でもとても面白い本でした。

▼読み終わった本
*「50ヵ国語習得法 誰にでもできる、いまからでも間に合う」
新名美次・著、講談社ブルーバックス

50ヵ国語習得法 誰にでもできる、いまからでも間に合う

50ヵ国語習得法 誰にでもできる、いまからでも間に合う

  • 作者: 新名 美次
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: 新書

アメリカ在住の日本人医師の本。
私もいくつかの外国語を勉強したことがある(もちろん「50カ国語」にが遠く及びません)ので、「なるほど」と思うところがありました。
あと、著者が勉強した外国語の特徴について簡単な解説があり便利でした。

▼読み終わった本
*「神社の起源と古代朝鮮」
岡谷公二・著、平凡社新書

神社の起源と古代朝鮮

神社の起源と古代朝鮮

  • 作者: 岡谷 公二
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2013/11/19
  • メディア: 新書

滋賀、福井、島根(出雲)、大分などをめぐり、「祀られているのは朝鮮半島から来た神(御神体)」だというたくさんの神社について調べた労作です。
先日読んだ別の本では、古代の日本と朝鮮半島は、「半島→日本」という一方的な文化や文物の流れがあったわけではなく、同じ集団が両方にまたがって存在していて、頻繁に行き来があったということのようです。
こうした「半島起源の神社」について、いろんな経緯があったのだろうと思うのですが、考えるととても壮大で興味深い話だと思いました。

▼読み終わった本
*「生活保護−−知られざる恐怖の現場」
今野晴貴・著、ちくま新書

生活保護:知られざる恐怖の現場

生活保護:知られざる恐怖の現場

  • 作者: 今野晴貴
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2013/07/10
  • メディア: 新書

少し前の本ですが、ようやく読みました。
現在の日本における生活保護の現状と問題点について、驚くような実態を明らかにしています。
「不正受給」がクローズアップされる一方で、本当に必要とする人たちの申請を行政が「門前払い」どころか門の中にも入れさせないような対応をしていることに、(耳にしたことはあったものの)改めてびっくり。
普通のサラリーマンでも病気などをきっかけにお世話になる可能性はあるわけで、決して他人事ではないと思いました。
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「日本語通」「\テツに学ぶ/楽しい鉄道旅入門」「きばれ!長崎ブラバンガールズ」「米朝開戦」=購入した本(2016.04) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2016年4月分です。

▽購入した本
*「日本語通」
山口謠司・著、新潮新書

日本語通 (新潮新書)

日本語通 ()

  • 作者: 山口 謠司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/17
  • メディア: 新書


▽購入した本
*「\テツに学ぶ/楽しい鉄道旅入門」
野田隆・著、ポプラ新書

テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門

テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門

  • 作者: 野田 隆
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2016/04/01
  • メディア: 単行本


▽購入した本
*「きばれ!長崎ブラバンガールズ: 藤重先生と活水吹部7か月の奇跡」
オザワ部長&藤重佳久・著、学研プラス

きばれ!長崎ブラバンガールズ: 藤重先生と活水吹部7か月の奇跡

きばれ!長崎ブラバンガールズ: 藤重先生と活水吹部7か月の奇跡

  • 作者: オザワ部長 藤重佳久
  • 出版社/メーカー: 学研プラス 児童・幼児事業部 音楽事業室
  • 発売日: 2016/03/22
  • メディア: 単行本


▽購入した本
*「米朝開戦(1)(2)(3)(4)」
マーク・グリーニー著、田村源二・訳、新潮文庫

米朝開戦(1) (新潮文庫)

米朝開戦(1) (新潮文庫)

  • 作者: マーク グリーニー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 文庫

米朝開戦(2) (新潮文庫)

米朝開戦(2) (新潮文庫)

  • 作者: マーク グリーニー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 文庫

米朝開戦(3) (新潮文庫)

米朝開戦(3) (新潮文庫)

  • 作者: マーク グリーニー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/27
  • メディア: 文庫

米朝開戦(4) (新潮文庫)

米朝開戦(4) (新潮文庫)

  • 作者: マーク グリーニー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/27
  • メディア: 文庫

nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。