So-net無料ブログ作成
検索選択

『おなかいっぱい』なプログラムでした【ザ・シンフォニカ第59回演奏会終了】 [音楽・楽器]

きのうは所属オケの演奏会本番でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ザ・シンフォニカ第59回定期演奏会
日時:2016年2月28日(日)午後2時開演
会場:東京オペラシティ コンサートホール(タケミツ・メモリアル)(東京・初台)
指揮:三石精一
曲目:ドボルザーク 序曲「謝肉祭」
   ドボルザーク 交響曲第8番ト長調
   チャイコフスキー 交響曲第4番 ヘ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_オペラシティ201602.jpg
(ホール内部)

オペラシティは客席はよく座るわけですが、ステージは初めてでした。
(シンフォニカとしては7年ぶりで、前回は私が加入する直前でした。)

突然ですが、オーケストラの演奏会では、以下のような感じで曲を組み合わせるのが一般的です。
(1)短めの曲(序曲など)
(2)交響曲以外の曲(協奏曲、交響詩、バレエ曲などの管弦楽曲、短い交響曲など)
(3)交響曲
そして(1)と(2)を「前プロ」、(3)を「メイン」などと呼びます。

ということを踏まえて、きのうのプログラムを見ると、ドボルザーク8番とチャイコフスキー4番という交響曲が2曲並んでいます。
通常であれば、どちらも「メイン」になりうる曲。
これが2曲並んでいて、「意欲的」というか、「おなかいっぱい」プログラムでした。

この「異例」のプログラムゆえか、来場者が多く、オペラシティコンサートホール(大ホール)の客席が9割近く埋まっていました。

演奏の方は、全体としてテンション高く、充実したものになったのではないかと思います。
個人的にも楽しんで弾くことができました。
(まあいろいろミスもありましたが…。)

次回は7月17日にサントリーホールにて。
ワーグナー 歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
R.シュトラウス 交響詩「ティル・オイゲンシュピーゲルの愉快ないたずら」
マーラー 交響曲第1番(「巨人」)
という、またまた「おなかいっぱい」なプログラムです。

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

栃木・ギョーザとゴルフと温泉ドライブ旅 [旅行・乗り物]

今さらなんですが、去年10月、新車で少し遠出しようと思い、栃木方面に家人と出かけました。

金曜日、仕事終わりで宇都宮まで。
納車から1カ月たっていなかったアテンザワゴンは快調でした。
東北道は渋滞もなくスムーズだったんですが、一般道に降りてからは夕方の渋滞に巻き込まれました。
宿泊はJR宇都宮駅に近いビジネスホテル
IMG_2791宇都宮駅.JPG

夕食はギョーザのはしごしました。

まずは宇都宮駅東口のみんみんへ。
焼きギョーザと水ギョーザとビールをいただきました。
IMG_2785みんみん.JPG

もう少し食べられそうだったのでもう1軒。
西口の宇都宮餃子館に入りました。
IMG_2789宇都宮餃子館.JPG
IMG_2786ギョーザ像.JPG

ここでも2皿とビールを注文し、大満足でした。
IMG_2787ギョーザ.JPGIMG_2788ギョーザ.JPG

土曜日は大田原市内でゴルフ
IMG_2792ゴルフ場.JPG

ラウンド後は那須高原の有名温泉ホテルに泊まり、バイキングに舌鼓。
2カ所の露天風呂を回って温泉を満喫しました。
img_アテンザ201510トリミング.jpg
(写真は再掲)

日曜日は那須のアウトレット買い物して、東北道経由で帰ってきました。

この2泊3日の燃費は20km/L以上。
一般道の渋滞や、那須高原の上り坂も含めての数字ですから、高速だけ計測すれば30km/L近いのかもしれませんね。

nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

若々しい棒と変幻自在のオケ【ウィーン放送響のベートーヴェンとブラームスを聴く】 [音楽・楽器]

演奏会聴いてばかりで「◎◎はしているのか?」という声が聞こえてきますが、きのうはこちらを聴きに行きました。
今度ベートーヴェン交響曲第7番を指揮するので、勉強です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ウィーン放送交響楽団 演奏会
日時:2016年2月22日(月)午後7時開演
会場:サントリーホール東京赤坂
指揮:コルネリウス・マイスター
曲目:ベートーヴェン 序曲「レオノーレ」第3番
   ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調
   ブラームス 交響曲第2番 ニ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_ウィーン放送響201602.jpg

指揮のマイスターは30代半ばという若さ。
とてもはつらつとした棒でした。

最近では珍しい「テンポを揺らす(変化させる)」演奏で、結構意外性がありましたが、オケはよく反応し、ついていってました。

日本公演最後の夜だからでしょうか、アンコールも3曲を大サービス!?
img_ウィーン放送響アンコール201602.jpg

来日オケの公演としては、そんなに高くない入場料でしたが、大満足でした。

ちなみに、弦楽器は「14型」(1stヴァイオリンが14人)で、コントラバスは6人。
首席以外は5弦(うち1本はペルマンのブゼット・シェイプ)でした。
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SKBの首席奏者が日本のアマオケに登場【9カ月ぶりのカラーフィル演奏会】 [音楽・楽器]

昨夜はカラーフィルの演奏会を聴きに行きました。
去年5月以来です。
前日までブルックナー(とモーツァルト)を演奏していたシュターツカペレ・ベルリン(SKB)のメンバーが指揮者と独奏者でした。
SKBの演奏会は先週先々週、合計3回聴いたのですが、指揮者とソリストは、自分たちの本番が全部終わった翌日にこの演奏会に出演したようです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
カラー・フィルハーモニック・オーケストラ第5回演奏会
日時:2016年2月21日(日)19:30開演
会場:杉並公会堂大ホール(東京・荻窪)
指揮:マティアス・グランダー(シュターツカペレ・ベルリン ソロ・クラリネット奏者)
独奏:クリスティナ・ゴメス・ゴドイ(シュターツカペレ・ベルリン ソロ・オーボエ奏者)
曲目: ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲
   R.シュトラウス オーボエ協奏曲 ニ長調
   グラズノフ 交響曲第5番 変ロ長調 作品55
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_カラーフィル201602.jpg

杉並公会堂の夜枠だけを使っての公演で、午後7時半開演。
7時15分開場ということで、かなりの行列ができてました。
そして、客席にはSKBのメンバーが多数来場。
指揮のグランダー氏はベテランのSKBクラリネット首席。
ふだんから後進の指導にあたり、指揮もしているそうです。
指揮はとてもいい感じでした。
ソリストのゴメス・ゴドイさんはSKBのオーボエ首席ですが、まだ20代のスペイン出身の女性。
指揮者が大柄なのに比べると、かなり小柄ですが、音はパワフル(かつ繊細)でした。

さて、演奏ですが、1曲目は超有名曲・アマチュアオーケストラ(特に学生オケ)では頻繁に演奏される「マイスタージンガー(第1幕)前奏曲」ということで、オケにも余裕が感じられます。
全体としてとてもレベルの高い演奏でした。

2曲目がリヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲。
小さめの編成のオケではありますが、ソロは堂々と渡り合っているというか、完全にオケを凌駕してました。
オケの方は、曲が進むにつれて、「息切れ」というか消化不良な部分が見えてきましたが、よく独奏をサポートしていたと思います。

最後はグラズノフの交響曲。
演奏したことあるのではないかと思ってましたが、勘違いだったようです。
全体として、意欲に満ちたいい演奏でした。
管楽器・打楽器と弦楽器の間に「温度差」のようなものが若干感じられましたが、この種のアマチュア団体全般に当てはまる課題ではないかと思います。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

”軽快”な7番と”重厚”な8番【バレンボイム=シュターツカペレ・ベルリンのブルックナー・ツィクルスを聴く】 [音楽・楽器]

初日を聴いたダニエル・バレンボイム指揮、シュターツカペレ・ベルリンの演奏会。
今週は火曜日の7番(サントリーホール)と木曜日の8番(ミューザ川崎)を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東芝グランドコンサート 2016
シュターツカペレ・ベルリン〜ベルリン国立歌劇場管弦楽団〜
ブルックナー・ツィクルス(7)
日時:2016年2月16日(火)19:00開演
会場:サントリーホール(東京赤坂
指揮:ダニエル・バレンボイム
曲目:ブルックナー 交響曲第7番ホ長調(ノヴァーク版)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_サントリーH201602.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東芝グランドコンサート 2016
シュターツカペレ・ベルリン〜ベルリン国立歌劇場管弦楽団〜
日時:2016年2月18日(木)19:00開演
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎)
指揮:ダニエル・バレンボイム
曲目:ブルックナー 交響曲第8番ハ短調(ハース版)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_ミューザバレンボイムポスター201602.jpg

交響曲第7番は1時間15分以上、そして第8番は1時間20分以上かかる超大曲。
モーツァルトのピアノ協奏曲はなしで両日とも「1曲プログラム」です。

私自身、7番は十数年前に一度だけ演奏経験あり。
そして8番はおととし秋にシンバル(エキストラ)、ちょうど1年前には所属オケで演奏(コントラバス)しました。

ブルックナーは、似たような音型がしつこく出てきたり、音階や分散和音が続くという「修業」のような部分があって、それはこの2曲も同じです。

さて、火曜日の7番は、そんな『しつこさ』を感じさせない、(比較的)軽快・爽快な演奏でした。
指揮が「先へ先へ」と振っていて、オケも「前向き」。
でも「しつこさ」がないとブルックナーらしくないかもしれない、と思いました。

一方、きのうの8番は、どちらかというと「じっくり攻める」感じで、(7番に比べ)ブルックナーらかったと思います。
弦楽器も管楽器も、そして打楽器も、とてもすばらしい演奏でした。
途中、ハープが盛大に遅れる場面があったんですが、マエストロ・バレンボイムがそこだけ早め早めに振ったので、指揮者に近い弦楽器と、遠いハープの間で「時差」ができてしまった感じでした。

両日とも目についたのは、テューバ奏者。
体も巨大だし楽器も巨大。
7番は2本、8番は1本で演奏してました。
7番で使っていた小さい方の楽器(恐らくF管)も大きかったんですが、大きい方はもっと巨大。
指づかいを(オペラグラスで)見た限りでは普通のドイツ式4ロータリーのBb管なんですが、とにかくでかくて、今まで見たことあるテューバの中では最大ではないか、と思いました。
このオケに知り合いがいる人物からの情報では、20世紀初頭に製造された古い楽器ではないか、という話でした。
とてもいい音してました。

そして、トロンボーンの2番は日本人の女性でした。
オケの名簿を見る限りでは、ほとんどがドイツ圏か、近隣の中欧・北欧出身者のようでした。
先日のシカゴ交響楽団の場合、ヴァイオリン奏者の半分が女性で、その過半数がアジア人・アジア系のようでしたが、それに比べると外国人の割合が小さいようです。

ところで、7番も8番も客席には空席がありました。
さすがに首都圏だけで10回の演奏会があると、完売と言うわけにはいかなかったようですが、もったいないですね。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

手堅いシュトラウスと”散らかった”シューマン【N響2月B定期を聴く】 [音楽・楽器]

今週は平日に演奏会を3つ聴くんですが、昨夜はN響B定期でした。
会場はサントリーホール

【サントリーホール前のスペースは「カラヤン広場」と名付けられています】
img_KARAJANPlatz201602.jpg
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団 第1831回 定期公演(Bプログラム)
日時:2016年2月17日(水)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京赤坂
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(首席指揮者)
独奏:カティア・ブニアティシュヴィリ(ピアノ
曲目:R.シュトラウス「変容」
   シューマン ピアノ協奏曲 イ短調
   R.シュトラウス 交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


1曲目はリヒャルト・シュトラウスの「変容」。
第二次大戦末期の1944年から45年にかけて作曲されたそうです。

弦楽器だけで演奏されますが、最大23のパートに分かれていて、シュトラウスらしい複雑な和声や旋律が絡み合っていて、それでありながら美しい曲です。
昨夜は46人の奏者がステージ上に。
ヴァイオリン=20人、ヴィオラ=10人、チェロ=10人、コントラバス6人という内訳です。
下手からVn-Vc-Vaという並びで、Cbは通常木管楽器(前列)が座る場所に陣取ってました。
音量などによって各パートを1人または2人で演奏していました。

2曲目はシューマンのピアノ協奏曲。
ソリストのブニアティシュヴィリはジョージア(グルジア)出身で、マエストロ・ヤルヴィとは共演経験豊富なのだそうです。
体の線を強調したドレスで、髪の毛(そんなに長くない)をかき上げたり振り乱しながらの熱演でした。
最初のうちはソロとオケがお互いに探り合うような感じでしたが、第3楽章はちょっと落ち着かないというか、とっ散らかったという印象。
テンポが速すぎる感じを受けましたし、演奏上の「乱れ」がありました。

最後はシュトラウスの「ツァラトゥストラ」。
冒頭の部分が映画「2001年宇宙の旅」で使われたことでよく知られています。
とても手堅い演奏だと思いました。
(ワクワクな感じはそんなになし。)

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

燃料代4分の1ですが車幅は気を使います【アテンザワゴン購入5カ月】 [旅行・乗り物]

マツダ・アテンザワゴンを購入・受領したのが昨年9月。
それから5カ月がたちました。
登録は8月だったので、6カ月点検を終えたところです。

買い替えにあたってのエントリーはこちら
「8年ぶりに車買い換えました」

乗ってみての感想など少し…。

前に乗っていたのは日産ステージア
2002年登録の車を2007年に中古で購入し、8年間乗ってました。
IMG_3814ステージア.JPG
2001年に出た2代目モデルだったわけですが、21世紀最初の年に出たということは、設計は20世紀ですよね。

それに対し、アテンザワゴンは2012年に出ました。
正真正銘「21世紀の車」ですよね。
img_アテンザ201510トリミング.jpg
(栃木県・那須で撮影)

見た目は結構似ている(笑)のですが、「中身」を比べてみると「20世紀」と「21世紀」という感じで、本当に隔世の感があります。

一言で言うと、ステージアにはなかったセンサー・アラーム類がほぼフル装備。
バックモニター、ブラインドスポットモニター、アダプティブフロントライトなど、全部書ききれないし、私自身よく分かってないものもあります。

ヘッドライトもワイパーも、スイッチに触る必要なし。
車間感応型クルーズコントロールのおかげで、高速道路ではアクセルを踏む必要がありません。
(海外で借りたレンタカーで何度かクルーズコントールを経験してますが、前の車が遅くなると解除せざるをえなくて、あまり使い勝手のいいものではありませんでした。)
車線逸脱アラームもあってウィンカー出さずに白線を乗り越えそうになると警告してくれます。
あと一歩で『自動運転』も可能なんでしょうね。

ステージアにあったのにアテンザワゴンにないのは、電動シートくらいです。
(アテンザワゴンも上のグレードにすればあるんですが…。)

そして燃費。
2.2Lディーゼル・ターボ(クリーンディーゼル)ですが、燃費は15〜16km/Lくらい。
ずっと高速を走れば20km/Lを超えます。

ステージアは通常7〜8km/L、高速を走って10km/L超だったので、ほぼ倍です。
しかもステージアがハイオクだったのに対し、軽油なわけですが、最近の原油価格下落で、リッターあたりの値段は一時のハイオクの約半分。
倍の距離走って値段が半分なので、燃料代は4分の1になったということですね。
これはかなりの違いです。

問題があるとすれば、車幅が大幅に広がったこと。
アテンザワゴンは1840mmあって、ステージアより8cmも広がりました。
(ベンツCクラスより広いようです。)
サイドミラーも大きいので、かなり気を使います。
特に、狭い道を走ったり、駐車したりするときなど、この差は大きいと思います。
特に機械式の駐車場だと、本当にギリギリいっぱいの時もあります。

まあ、広い道を走っている分にはゆとりがあっていいのですが…。
まだ3,000kmちょっとしか走ってませんが、これからいろんなところにドライブしたいと思います。
nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ブルックナー1番はコントラバスが大変そうでした【バレンボイム=シュターツカペレ・ベルリンを聴く】 [音楽・楽器]

ブルックナー・ツィクルスという大胆かつ壮大なプログラムをひっさげ来日しているシュターツカペレ・ベルリンの演奏会を聴きに行きました。
指揮とピアノダニエル・バレンボイム。
img_シュターツカペレポスター201602.jpg
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東芝グランドコンサート 2016
シュターツカペレ・ベルリン〜ベルリン国立歌劇場管弦楽団〜
ブルックナー・ツィクルス(1)
日時:2016年2月9日(火)19:00開演
会場:サントリーホール(東京赤坂
指揮・ピアノ:ダニエル・バレンボイム
曲目:モーツァルト ピアノ協奏曲第27番変ロ長調
   ブルックナー 交響曲第1番ハ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_東芝グランド2016.jpg

サントリーホールの1階席は久しぶり。
img_サントリーホール20160209.jpg

さすがに東京だけで9回、他の都市も含めると13回の演奏会を開くということで、満席にはなっていませんでしたが、それでもかなりのお客さんの数でした。

まずはモーツァルトの協奏曲。
蓋を外して中央に置かれたピアノをバレンボイムが弾きながら指揮します。
曲はどこか無調的な雰囲気をところどころに漂わせるちょっと不思議な曲調。
オーケストラはバレンボイムのピアノをよくサポートしている感じでした。
コントラバスは3人でした。

後半のブルックナー。
1番を生で聴くのは初めて。
(CDやラジオを含めても、ちゃんと聴いたことはほとんどありません。)

人気の第4番や後期の曲に比べると、若干「とらえどころのない」感じの曲だと思いました。
でも、もちろん「ブルックナーらしさ」は随所にみられます。
例えば、コントラバスの弾く音型がかなり入り組んでいて、弾くのがかなり大変そうなこととか。(笑)

オケ(シュターツカペレ・ベルリン)はよくまとまっていて、「食らいついてる」感じがありました。

このあと、8番のチケットも買ってあるので楽しみです。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ひつじのショーン」「Hot Pursuit」【2015夏休み旅行記・番外編】 [テレビ・映画]

去年9月に入った夏休みのヨーロッパ3カ国旅行記は終わりましたが、番外編として、行きの飛行機(中部国際空港・セントレア→ヘルシンキ)機内で見た映画の話です。

1本目は「ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」(Shaun the Sheep the Movie)

http://www.aardman-jp.com/shaun-movie/
http://shaunthesheep.com/movie

ショーンと仲間の羊たちが、「飼い主」を追って都会(ロンドン)に行き、大冒険を繰り広げるクレイアニメーション。
「ウォレスとグルミット」もよく飛行機で見ましたが、同じチームの作品ですね。
他愛のない話かと思いきや、結構スリルに富んでいるし、ほろりとする場面もあって、楽しい映画できた。

フィンエア(フィンランド航空)の機内エンターテインメントはオンデマンドで、自分の見たいときに映画をスタートできて、途中で止めることもできるので、ゆっくり見ることができました。

もう1本は「ホット・パーシュート」(Hot Pursuit)
「アツい追跡」という意味ですね。
(日本では公開されなかったようです。)

http://hotpursuitmovie.com/

麻薬王(?)の妻の保護を命じられた女性警察官が、一転追われる身になり、数々の困難を乗り越えながらなんとか無事に任務を果たすという、ドタバタ・ロードムービーです。
父親も警察官で小柄でクソ真面目なリース・ウィザースプーンと、大柄で『セクシー』なソフィア・ベルガラという2人が、「いい味」出してます。
飛行機内で気楽に見るのにぴったりでした。

帰りの機内(ヘルシンキ→成田)では、映画は見ずに終わりました。
そういえば、最近、映画館で映画を見てませんねえ。
nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「文明崩壊(下)」「ノストラダムスの生涯」「東京吉祥寺 田舎暮らし」「自分のついた噓を真実だと思い込む人」=読み終わった本(2016.01) [読書]

「読み終わった本」リスト(備忘録)、2016年1月分です。

▼読み終わった本
*「文明崩壊(下)」
ジャレド・ダイアモンド著、楡井浩一・訳、草思社文庫

文明崩壊 下: 滅亡と存続の命運を分けるもの

文明崩壊 下: 滅亡と存続の命運を分けるもの


上巻に比べると身近な話が多く、読みやすく感じました。
取り上げられているのは、20世紀末に大虐殺のあったアフリカのルワンダ、同じ島の東西にありながら、国情がかなり異なるハイチとドミニカ共和国、中国、オーストラリア、カンボジア、それに江戸時代を中心とした日本などです。
人口や環境、資源など、人類の生存に必要な(あるいは脅威となるような)事項はたくさんありますが、どれも真剣に考えなければならないと思いました。
人類(全体)が『正しい』(適切な)判断を下すことができるのか、悲観的ななってしまいますが、果たして…。

▼読み終わった本
*「ノストラダムスの生涯」
竹下節子・著、朝日新聞社

ノストラダムスの生涯

ノストラダムスの生涯

  • 作者: 竹下 節子
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1998/01
  • メディア: 単行本

だいぶ前に古書店で購入した本ですが、ようやく読みました。
実はこの本、「1999年(!)」の前年、98年の出版です。
「1999年に人類が滅びる」とするいわゆる「ノストラダムスの大予言」を自分たちのに都合のいいように使って不安をあおったオウム真理教の事件が1995年に起き、「滅亡」が翌年に迫ったタイミングで書かれたもの、ということになります。
「予言」を解読する本ではなく、書名通りノストラダムスの生涯をたどる内容。
彼が決してオカルト的な予言者ではなく、医師であり、科学者であったことを南フランスのサロン・ド・プロバンスなど現地での取材を通して明らかにしています。
ノストラダムスは当時流行していた「アルマナック」と呼ばれる暦と行事スケジュールなどを書いた書物を著していたそうで、いわゆる「予言書」もそうした背景を念頭に置いて受け止めるべきもののようです。
我々は、1999年に人類が滅びなかったことを知っているわけですが、それでも人類の生活、そして現代文明が極めて不安定な状況にあることは間違いありません。
上記の「文明崩壊」とともにいろいろと考えさせられました。

▼読み終わった本
*「東京吉祥寺 田舎暮らし」
井形 慶子・著、ちくま文庫

東京吉祥寺 田舎暮らし

東京吉祥寺 田舎暮らし

  • 作者: 井形 慶子
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2015/11/11
  • メディア: 文庫

イギリスに関する著書をたくさん出している井形さんですが、住まいである吉祥寺を「村」と呼んでとても大事にしていることが分かる本です。
実は長崎のご出身だそうで、共通の知人がいそうな感じもします。
我が家も吉祥寺は徒歩圏内ですが、知らないことも多いので、参考にしてもっと探索してみたいと思います。

▼読み終わった本
*「自分のついた噓を真実だと思い込む人」
片田珠美・著、朝日新書

自分のついた噓を真実だと思い込む人 (朝日新書)

自分のついた噓を真実だと思い込む人 (朝日新書)

  • 作者: 片田珠美
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/09/11
  • メディア: 新書

読んでいるときにちょうど著書発売のニュースがあったオボカタさんや、サムラゴーチ氏の話も出てきました。
印象的だったのは、いろんな「嘘つき」の周囲には、その嘘を通用させてしまう「イネイブラー」と呼ばれる人たちが存在するという指摘。
嘘の見抜き方みたいな記述もあるのですが、なかなか難しいことは著者自身も認めています。
世の中、嘘つきがいなくなることはないんでしょうね。
自衛しなければ、と思いました。
(という私自身も、大小さまざまな嘘をついているわけですが…。)

▼読み終わった本
*「1冊でわかるポケット教養シリーズ 音楽ものしり事典」
長田暁二・著、ヤマハミュージックメディア

1冊でわかるポケット教養シリーズ  音楽ものしり事典

1冊でわかるポケット教養シリーズ 音楽ものしり事典

  • 作者: 長田 暁二
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックメディア
  • 発売日: 2013/10/27
  • メディア: 単行本

著者はもともと音楽学者ではなく、レコード会社の役員などを経て、音楽について研究を重ねてきたとのこと。
この本では、クラシックだけではなく、各種ポピュラーミュージックについても、いろんなエピソード・うんちくを紹介しています。
いろいろと勉強になりました。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。