So-net無料ブログ作成
検索選択

今週3回目のベートーヴェン!【ベルリン・ドイツ響の交響曲7番を聴く】 [音楽・楽器]

※このエントリーが当ブログ1,000本目の記事です。
いつもアクセスありがとうございます。
前ブログは1,769本の記事をアップしておりますので、合計では2,769本ということになります。
今後ともよろしくお願いします。

さて、昨夜は火曜日、木曜日につづき、演奏会を聴きに行きました。
来日中のベルリンドイツ交響楽団の池袋での公演です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ベルリン・ドイツ交響楽団演奏会(東京芸術劇場開館25周年/芸劇フェスティバル)
日時:2015年10月30日(金)19:00開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:トゥガン・ソヒエフ
独奏:神尾真由子(ヴァイオリン)
曲目:シューベルト 劇音楽「ロザムンデ」序曲
   メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲ホ短調
   ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_ベルリン・ドイツ響201510.jpg

ベルリン・ドイツ交響楽団は統一前の西ベルリンを本拠に活動していたRIAS交響楽団が前身。

今回の公演には、知人でベルリン在住の日本人コントラバス奏者、高橋徹さんも出演されています。
(高橋さんのブログはこちら

きのうの演奏ですが、1曲目の「ロザムンデ」序曲は抑制の利いたバランスの取れた演奏でした。
ソヒエフの棒からかなり遅れて音が出てくるのが独特な感じがしました。

2曲目のメンデルスゾーンVn協奏曲は、オケは相変わらず統制の取れた演奏なんですが、ソロがちょっと「無理してる」感じで、あまり好みではありませんでした。
ソリストのアンコールとして演奏されたシューベルト「魔王」の主題による奇想曲(エルンスト)の方がいい感じでした。

そして、後半のベートーヴェン7番。
来年指揮する予定なので、勉強の意味もあっていろいろ観察しながら聴きました。
「手慣れた」という感じで、どこか冷静さを残しながらの演奏という気がしました。

オーケストラのアンコール、モーツァルト「魔笛」序曲が、一番「解放された」印象でした。
(でもバランスは取れてるんですが…。)
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今年2回目のベートーヴェン・ピアノ協奏曲全曲演奏会を聴く [音楽・楽器]

今年5月にもマーラー室内管で聴いたばかりですが、今週もベートーヴェンピアノ協奏曲全曲を取り上げる演奏会をを2夜にわたって聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
パルティトゥーラ・プロジェクト《ベートーヴェン/ピアノ協奏曲全曲演奏会》
会場:すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
指揮:オーギュスタン・デュメイ
【第1夜】
日時:2015年10月27日(火)午後7時開演
曲目:ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番(独奏:ジュリアン・リベール)
   同 ピアノ協奏曲第2番(独奏:ナタナエル・グーアン)
   同 ピアノ協奏曲第3番(独奏:マリア・ジョアン・ピリス)
【第2夜】
日時:2015年10月29日(木)午後7時開演
曲目:ベートーヴェン ロマンス第1番 & 第2番(ヴァイオリン独奏:オーギュスタン・デュメイ)
   同 ピアノ協奏曲第4番(独奏:マリア・ジョアン・ピリス)
   同 ピアノ協奏曲第5番(独奏:小林海都)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_ピリス&フレンズ201510.jpg

マリア・ジョアン・ピリス(「ピレシュ」という表記も多いようです)はポルトガル出身の女性ピアニストで、ベルギーなどで後進の指導にもあたっています。
「パルティトゥーラ・プロジェクト」はピリスが若い世代の発掘・育成などを目的に行っているということで、今回の演奏会シリーズも、その一環だそうです。

今回のシリーズでは、ピリスが3番と4番、ほかの3曲は若手が独奏を務めました。

ご存じのように、当ブログの筆者は自分でPROJECT Bオーケストラというアマチュアオーケストラをつくり、ベートーヴェンのピアノ協奏曲を演奏しています。
これまでに3番(2013年3月)、2番(14年4月)、1番(15年4月)と取り上げてきました。
来年は4番、再来年は5番「皇帝」の予定です。

ということで、シリーズ1夜目は、すでに演奏した作品3曲。
すでに「懐かしい」思いで聴きました。
そして、2夜目はこれから取り上げる2曲が演奏されました。
大変勉強になりました。

指揮者のデュメイは元々ヴァイオリン奏者ということで、2夜目には「ロマンス」を『弾き振り』しました。
大柄な人(身長190cmくらいあるように見えます)で、指揮台は使わず床に直接立ってました。
一方、ピアノのピリスは小柄(160cmくらい?)なので、並ぶと「凸凹コンビ」という感じ。

あと、1夜目はヤマハ、2夜目はスタインウェイを使ってましたが、何か理由があるんでしょうか?
そういえば、オケではホルンの場所が1夜目と2夜目で違ってました。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴァヴェル城とユダヤ地区のクレズマーバンド【2015欧州3カ国旅行記(10)】 [旅行・乗り物]

「ホテル・アマデウスとクラクフ旧市街【2015欧州3カ国旅行記(09)】」から続きます。

ポーランドの古都、クラクフの訪問記のつづきです。

旧市街の南側にあるのがクラクフ観光の目玉の一つ、ヴァヴェル城です。
クラクフは16世紀末までポーランドの首都で、ここはポーランド国王の居城でした。
IMG_3974ヴァヴェル城.JPG

ヨーロッパの多くの「城」と同様、城壁の中に王の居住部分のほか、公の行事が行われる建物や広場、教会などがあって、大規模な複合施設となっています。
IMG_3982ヴァヴェル城塔.jpg
IMG_3984ヴァヴェル城.JPG
IMG_3986ヴァヴェル城中庭.JPG

ヴィスワ川を見下ろす位置に建っているのですが、この川には竜(ドラゴン)が住んでいるとの伝説があるということで、この竜はクラクフのシンボルになっています。
IMG_3981川眺望.JPG

お城の一角には、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の像があります。
ヨハネ・パウロ2世はクラクフ近郊出身で、市内の大学に学んだということです。
IMG_3977ヨハネパウロ2世像.jpg

ヴァヴェル城のあとは、路面電車に乗ってユダヤ地区カジミエシュに向かいます。
第二次大戦前、クラクフには数万人のユダヤ人が住んでいたそうです。

現在、ユダヤ系住民の数はかなり少なくなっているようですが、素敵な雑貨店などが営業しています。
IMG_3996ユダヤ人街雑貨店.jpg
IMG_3997天使と楽器の絵.JPG

シナゴーグ(ユダヤ寺院)もたくさんあります。
IMG_3998シナゴーグ.JPG
IMG_3999シナゴーグ.JPG
IMG_4000旧シナゴーグ.JPG

お昼ごはんもカジミエシュにあるユダヤ・レストランで。
「クレズマー」と呼ばれるユダヤ音楽のバンドが演奏中。
ちょっと物悲しいメロディーが特徴的なクレズマーですが、「ドナドナ」が有名。
ほかに「マイムマイム」もイスラエル民謡なのでクレズマーと言っていいのでしょう。
IMG_4002クレズマーバンド.JPG
IMG_4003バス弾き.jpg
IMG_4004ヴォーカル入り.JPG

白ビールを1杯。
IMG_4001白ビール.jpg

メインはチキン料理。
(ユダヤ教では豚肉を食べることができません。)
IMG_4005昼食チキン.JPG

付近には同じようなお店が並んでいて、結構にぎわっています。
IMG_4006レストラン街.JPG

昼食を済ませ、市内をもう少し歩いたあと、旧市街広場に戻ります。
寒かったのでホットチョコレートで一息。
IMG_4016ホットチョコレート.jpg

観光客向けの馬車は結構繁盛しています。
IMG_4017馬車.JPG

こちらは、聖マリア教会の塔。
塔の上から1時間おき(毎正時)にラッパが吹き鳴らされるのですが、なぜか「曲」(?)の途中で突然終わります。
(写真はベル=楽器の朝顔がちょっとだけ見えてます。)
IMG_4018塔のラッパ.jpg

このラッパ、13世紀にタタール人(モンゴルまたは中央アジア系の民族)が攻め込んできた際に、来襲を知らせようと楽器を吹き鳴らした故事に倣ったもの。
ラッパ手が途中で矢に射抜かれて倒れたのにちなみ、曲の途中で突然吹くのをやめるのだそうです。
IMG_3970ラッパ案内板.JPG

以前、テレビ番組で紹介していましたが、ちゃんとバルブ3本が付いたロータリートランペットを使っているようです。

(つづく)
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ホテル・アマデウスとクラクフ旧市街【2015欧州3カ国旅行記(09)】 [旅行・乗り物]

「ルブリンから古都クラクフへ4時間の鉄道旅【2015欧州3カ国旅行記(08)】」から続きます。

ポーランド東部の街ルブリンから、鉄道で古都クラクフに到着。
駅から徒歩10分ほどで宿に到着です。

泊まるのはホテル・アマデウス
「アマデウス」はあのモーツァルトのファーストネームです。
こんな感じのかわいらしいお部屋。
IMG_3961ホテルアマデウス.JPG

夜9時くらいですが、夕食がまだなので、歩いて数分の旧市街広場へ。

こちらは広場のシンボルの一つ、聖マリア教会
IMG_3962クラクフ聖マリア教会.JPG

広場には観光客相手の馬車がたくさん。
向こう(写真右側)に見える建物は「織物会館」という名所で、13世紀に建てられたそうです。
IMG_3963クラクフ織物会館.JPG

広場を見渡すカフェで軽く食事します。
ビールはおなじみジヴィエツ
IMG_3964ジヴィエツ.jpg

ピエロギ(ポーランド風ギョーザ)やパンケーキとともに。
IMG_3965餃子&パンケーキ.JPG


一夜明けて旅行4日目の火曜日。
朝食はホテル地下のレストランで。
IMG_3966朝食.JPG
食事の間、ショスタコーヴィチとハイドンのチェロ協奏曲がBGMに流れてました。
(どういう選曲なんでしょう?)

ホテルの外景(朝撮影)です。
IMG_3992ホテルアマデウス.JPG
IMG_3993ホテルアマデウス.JPG
IMG_4015ホテルアマデウス.JPG

ふたたび旧市街広場へ。
IMG_3968旧市街塔.jpg

朝の織物会館。
IMG_3969織物会館.JPG

内部は観光客相手の土産物などを売る店が並んでいます。
IMG_3990織物会館内部.JPG

トラム(路面電車)の一日券を購入し、市内観光に出かけます。
IMG_3971トラム.JPG

トラムを降りた停留所そばにある三位一体教会
IMG_3972三位一体教会.jpg

こちらは聖ペテロ聖パウロ教会です。
IMG_3973聖ペテロ聖パウロ教会.jpg

さらに歩いて、クラクフの目玉観光地に向かいます。

(つづく)
nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ルブリンから古都クラクフへ4時間の鉄道旅【2015欧州3カ国旅行記(08)】 [旅行・乗り物]

「Lionbassの故郷(?)ルブリン旧市街を散策する【2015欧州3カ国旅行記(07)】」から続きます。

(お待たせしました。)
ポーランド旅行記の続きです。
ワルシャワから列車で私の愛器"Lionbass"(コントラバス)の故郷であると思われる東部の都市ルブリンに到着。
ナチスがつくったマイダネク強制収容所を見学し、旧市街やルブリン城を散策したところで、そろそろ次の目的地に向かう時間です。

だいぶ歩いたので、カフェでお茶します。
「ウリチェ・ミャスタ」(Ulice Miasta)というお店。
店名は機械翻訳にかけると「街の通り」(city street)という意味だそうです。
IMG_3944ウリチェミャスタ.jpg

メニューに"APPLE PIE"とある
ので注文。
いわゆるアップルパイとはちょっと違う素朴なケーキですが、こんなかわいい形で出てきて、味もなかなかです。
IMG_3943りんごケーキ.JPG

その後、路線バスでルブリン駅に戻り、列車を待ちます。
こちらは駅コンコースの様子。
IMG_3947ルブリン駅.JPG

乗るのは16:40のクラクフ行きです。
IMG_3948ルブリン発車案内.JPG

こちらはホームから見える留置線の電車。
IMG_3949列車.JPG

やがてクラクフ行きが入線。
今回も電気機関車(EP07)牽引の客車列車です。
IMG_3950機関車.JPG
IMG_3951客車.JPG

乗るのは一等車。
IMG_3952クラクフ行き一等車.JPG

座席について窓の外を見ると、隣の列車で行き先(サボ?)を付け替え作業中。
磁石の付いたシート状のものを貼り替えているようです。
IMG_3954サボ差し替え.JPG

こちらが自分たちの座席。
ワルシャワ→ルブリンは開放タイプでしたが、今度はコンパートメントです。
(忘れてしまいましたが、車内は空いていて6人掛けのところに私と家人以外に1人いたかどうか…。)
IMG_3953コンパートメント.JPG

こちらは途中の駅で見かけたローカル線らしき電車。
なんとなく「路面電車」っぽいかも。
IMG_3956ローカル線.JPG

途中は最高時速120km程度で走行。
気温は15度前後と結構肌寒く、雨も降っています。
h.JPG

写真からも分かるように車内はとても清潔で快適。
線路の状態もよさそうで、揺れもあまり感じません。
ポーランドは平原の国で、地形的な変化も少なく、ひたすら似たような風景が続きます。
(車窓の写真は後日、別路線の分をアップ予定)

約4時間の旅でクラクフに到着。
IMG_3959クラクフ到着.JPG

クラクフはポーランド南部の主要都市で、長い間首都がおかれていた、日本でいうと京都のような街。
駅ビルが大規模なショッピングセンターになっていて、とても「近代的」です。
IMG_3960クラクフ駅構内.JPG

駅から近いホテルを予約してあるので、まっすぐ歩いて向かいます。

(つづく)
nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東京国際音楽コンクール<指揮>の決勝を聴く [音楽・楽器]

きのう日曜日は、変わった「演奏会」を聴きに行きました。

img_音楽コンクール指揮バナー201510.jpg

指揮者コンクールの決勝です。
(毎年ではなく3年に1度の開催とのことです。)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東京国際音楽コンクール<指揮>本選
日時・2015年10月18日(日)午後1時〜
会場:東京オペラシティ・コンサートホール(東京・初台)
指揮:(No.2)オンドジェイ・ブラベッツ(チェコ)
   (No.141)コリーナ・ニーマイヤー(ドイツ
   (No.23)太田弦(日本)
   (No.18)ディエゴ・マルティン・エチェバリア(スペイン
演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団
曲目:<課題曲>
   ブラームス「ハイドンの主題による変奏曲」
   <自由曲>
   ベートーヴェン 交響曲第4番より第1&第2楽章(No.4)
   ストラヴィンスキー バレエ音楽「火の鳥」(1919年版)(No.141)
   チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」(No.23)
   チャイコフスキー 交響曲第5番より第1&第3楽章(N0.18)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_音楽コンクール指揮201510.jpg

課題曲は全員振るので、1週間前と前日(土曜日)に弾いたばかりの「ハイドンの主題による変奏曲」を4回も聴きました。
曲を完全に覚えているので、指揮者による違いがよく分かりましたが…。

最初に登場のブラベッツさんは、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席ホルン奏者で、すでに指揮者としての実績を積んでいる人だそうです。
スキンヘッドで貫禄ありそうな感じでした。
2番目のニーマイヤーさんは痩身・高身長のドイツ人女性。
ちょっと緊張しているようでした。
「火の鳥」はさすがに難しいように見えました。

3番目に登場の太田さんは東京芸大の現役の学生。
棒なしで振ったんですが、芸大の某教授や特別教授に振り方がよく似ていました。
そして、最後のスペイン人男性、マルティンさんはいかにも経験豊富という感じでした。

そして、最終結果は以下の通り。
1位=ディエゴ・マルティン・エチェバリア(スペイン)
2位=太田弦(日本)
3位=コリーナ・ニーマイヤー(ドイツ)
奨励賞=オンドジェイ・ブラベッツ(チェコ)
聴衆賞=太田弦(日本)
多くの人が納得する結果ではないかと思います。 指揮を勉強している身としては、とても勉強・参考になりました。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

安田講堂でブラームス演奏しました [音楽・楽器]

きのう17日は東大の安田講堂で演奏しました。

卒業生向けの「ホームカミングデー」という催しの一環で、全面改修された安田講堂での演奏会に出演。
先日の95周年演奏会で取り上げた曲を弾きました。

一度本番をやっているということで、練習は当日午前中、簡単に。
95周年は自分の楽器を持って行きましたが、きのうは大学オケの楽器を借りました。
私が在籍していたころはまだなかったドイツ・ペルマン(Poellmann)社製の5弦を使わせてもらいました。
img_東大ペルマン201510.jpg

こちらが安田講堂。
img_安田講堂20151017.jpg
安田財閥の総帥、安田善次郎の寄付などにより1925年に完成したということで、今年建設90周年。
学生運動・学園紛争の際は、1968年(昭和43年)に立てこもった学生と機動隊の間で攻防戦が繰り広げられたのは有名ですが、知っている人も少なくなりました。

その後は、一部しか使われていませんでしたが、近年、何度か改修が行われ、再びいろんな式典などで使われるようになっています。

私自身、足を踏み入れたことはあるかもしれませんが、演奏したのは初めてでした。

前半は、学内の団体による合唱。
(女声合唱が素晴らしいと思いました。)

後半、東大オケ(東京大学音楽部管弦楽団)の現役(1〜2年生)の演奏に続き、OB・OGとしてブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」を弾きました。
img_安田講堂ホームカミングデー201510.jpg

舞台(演壇)の広さの問題もあり、弦楽器は先週の95周年(会場はすみだトリフォニーホール)の半分ほどの人数。
コントラバスは4人でした。(先週はたぶん9人)

聴いていた人によると、まあまあの演奏だったようです。
なかなかできない経験でした。

そういえば、講堂の椅子には寄付した人の名前を明記したネームプレートが取り付けられていました。
政治家のお名前などもありました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ショーソンはロマンチックでとても素敵な曲でした【小林美恵ヴァイオリン・リサイタルを聴く】 [音楽・楽器]

連日の演奏会。
昨夜は、3年前のこちらなど、何度か聴いたことのある小林美恵さんのリサイタルを聴きました。

会場は久しぶりの東京文化会館小ホール。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
小林美恵 ヴァイオリン・リサイタル 第2回「音の夢」
日時:2015年10月16日(金)19:00開演
会場:東京文化会館小ホール(東京・上野)
出演:小林美恵(ヴァイオリン)
   萩原麻未(ピアノ
   クァルテット・エクセルシオ(弦楽四重奏)
曲目:フォーレ ヴァイオリン・ソナタ第1番イ長調
   プーランク ヴァイオリン・ソナタ「フェデリコ・ガルシア・ロルカの想い出に」
   ショーソン ヴァイオリン、ピアノと弦楽四重奏のためのコンセールニ長調
  <アンコール>
   イザイ 「こどもの夢」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_小林美恵プログラム201510.jpg

小林さんは1990年にロン=ティボー国際コンクールで優勝しデビュー
その25周年にあたってシリーズでリサイタルを開いているのですが、第2回の昨夜は、フランスの作品集。
(たぶん)聴いたことのない曲ばかりだったのですが、どれも作曲家の個性があって、とても「聴きがいのある」演奏会でした。

とくに、ショーソンの作品はとてもロマンチックで、ある意味、壮大なとてもいい曲でした。
この曲は、独奏ヴァイオリンとピアノ、それに弦楽四重奏というあまり見られない編成ですし、ピアノがかなり技巧を要求されるということで、滅多に演奏されないようです。
コントラバスが編成に含まれないのがとても残念です。
(そういえばショーソンの作品でまったく弾いたことがないと思います。)

25周年リサイタルは第5回まで開かれる予定ということで、第3回以降も聴きたいと思います。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

颯爽としてカッコいいシュトラウスでした【N響10月B定期を聴く】 [音楽・楽器]

いつも書いておりますが、NHK交響楽団のBプログラム定期会員になっています。
先月のは家族に譲りましたが、9月のA定期(ベートーヴェン)と10月A定期(マーラー)を聴き、きのうはパーヴォ・ヤルヴィ指揮のオール・リヒャルト・シュトラウス・プログラムを聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団 第1818回定期公演Bプログラム
日時:2015年10月15日(木)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(首席指揮者)
独奏:トルルス・モルク(チェロ)
   佐々木亮(N響首席ヴィオラ奏者)
曲目:リヒャルト・シュトラウス 交響詩「ドン・キホーテ」
   同 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
   同 歌劇「ばらの騎士」組曲
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_SUNTORYHALL201510.jpg

今シーズンから首席指揮者に就任したパーヴォ・ヤルヴィがABC3つのプログラムを振る今月のN響定期。

先日、A定期のマーラー交響曲第2番「復活」をNHKホールで聴きましたが、B定期はオール・シュトラウスです。
(水曜・木曜と同じプログラムで演奏するので2日目ということになります。)

マーラー「復活」は割とすっきりしていて、ズンズン前に行きすぎる印象だったんですが、そのスタイルはシュトラウスにはマッチするのではないかと期待して聴きました。

前半は「ドン・キホーテ」。
(2F席最後列で聴きました。)
チェロ独奏がちょっと不思議な騎士、ドン・キホーテを、ヴィオラ独奏が従者のサンチョ・パンサを表します。
演奏は細部にわたり均整がとれてレベルの高さを見せつけるものだったと思います。

休憩後は「ティル」と「ばら騎士」。
(P席=舞台後方で聴いたので終始指揮者を見てました。)
「ドン・キホーテ」は演奏したことがないんですが、後半の2曲はかなり前ですがやったことがあります。

「ティル」はホルンにとても目立つソロがあるんですが、完璧でした。
もちろんヴァイオリン(コンサートマスター)も。
全体的にリズムがとても難しいのですが、もちろんとてもよくかみ合っていたと思います。

「ばら騎士」は、指揮者が片足を上げるほど大きな身振りで、オケもだいぶリラックスしてきたようには感じました。

実は、今回のプログラムは録音してCDを製作するということなので、全体としてはオケも緊張していたかもしれません。
でも全体的には颯爽とした指揮によく応えたカッコいい演奏でした。

ヤルヴィは今後、12月の「第九」や来年2月の3つのプログラムも振ることになっています。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

拙著「アマチュアオーケストラに乾杯!」発売から半年 [日記・身辺雑記]

私の著書「アマチュアオーケストラに乾杯! 素顔の休日音楽家たち」刊行からほぼ半年がたちました。
(奥付では4月23日になってますが実際にはその何日か前に手元に届いてました。)

img_カバー無名版33%.jpg

Amazonのサイトでレビュー(講評)を2件いただいていますが、いずれも好意的なもので、大変ありがたいことです。

また、お読みいただいた方、何人かがブログで紹介してくださっています。

「ニッポニカ・ビオラ弾きのブログ」
「本を読むとバカになる,か?」


是非ご覧になってください。

「アマチュアオーケストラに乾杯! 素顔の休日音楽家たち」は大手書店やネット書店で販売中です。
Amazonのページはこちらです。

img_宣伝用ポップ.jpg
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: