So-net無料ブログ作成
検索選択

(いい意味で)『大人げない』演奏でした【上智大OBオケ第5回演奏会を聴く】 [音楽・楽器]

きょう日曜日も家族出演の演奏会を聴きに行きました。
会場はおなじみ、すみだトリフォニーです。
【ホール内カフェの案内】(墨田区は葛飾北斎ゆかりの地だそうです。)
img_北斎カフェ201508.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
上智大学OB管弦楽団 第5回演奏会
日時:2015年8月30日(日)13:30開演
会場:すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)
指揮:汐澤安彦
曲目:バーンスタイン 「キャンディード」序曲
   ストラヴィンスキー バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
   ベルリオーズ 幻想交響曲
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_上智OB2015プログラム.jpg
このオケ、家人が出演している訳ですが、ほかにも私が主宰するPROJECT Bオーケストラのメンバーも多数。
客席も知人・友人が多数来ていました。
私自身、このオケの演奏会は全部聴いています。
エキストラで出演したこともあります。)

こうした「OBOGオケ」は、演奏の完成度も大事ですが、若いときに苦楽を共にした友人・同級生と再会し、時間を共有することもとても重要な訳です。
指揮の汐澤氏は、上智大オケを50年にわたって指導しているということで、その変わらぬ棒の下で音楽を奏でるのも、メンバーにとっては大事な時間でしょう。

きょうの演奏ですが、そうした「(気分的に)学生時代に戻った」ような若々しさが随所に感じられました。
いい意味で「大人げない」というか…。(褒め言葉です。)

3曲とも難しい作品で奏者の皆さんの緊張ぶりが見て取れるところもいろいろとありました。

アンコールで演奏されたルロイ・アンダーソン「舞踏会の美女」が伸び伸びと演奏しているように感じられたのは、緊張から解放されたということだったのだと思います。
(「舞踏会の美女」がアンコールに選ばれたのは、「幻想交響曲」第2楽章「舞踏会」にちなんでのことなんでしょうね…。)
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ワクワクでドキドキのマーラーでした【アンサンブル・フリー EASTを聴く】 [音楽・楽器]

きょうは娘夫婦の出演する演奏会を聴きました。
今年3月にも聴いたオーケストラ・アンサンブル・フリー・イーストです。
関西で活動している「オーケストラ・アンサンブル・フリー」を主宰する浅野亮介氏を中心に、関東で結成された団体。
きょうは「聴いた」というよりは、スタッフとして演奏会の運営をお手伝いしたんですが…。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
オーケストラ・アンサンブル・フリー・イースト第4回演奏会
日時:2015年8月29日(土)13時30分開演
会場:小金井 宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)大ホール
指揮:浅野亮介
尺八独奏:黒田鈴尊
曲目:山本和智 "Roaming liquid (2014) for shakuhachi and orchestra"[委嘱作品/世界初演]
   マーラー 交響曲第5番嬰ハ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


【午前中のリハーサルの様子】
img_EFE#4_ステリハ.jpg

【プログラムの準備中】
img_EFE#4_プログラム.jpg

なかなか面白い演奏会でした。

1曲目の"Roaming Liquid" とは「不定形な流体」という意味だそうです。
いわゆる「現代曲」(前衛曲)で、いろいろ不思議な音色が不思議な楽器から発せられる中、ソロ尺八が不思議な音型を奏します。
途中、作曲者の指定による「長い静寂(沈黙)」があったりして、「あれ?」と思うことがしばしば・
オーケストラのメンバーは、この不思議で難しい曲をよく「消化」して見事な演奏だったと思います。
【1曲目の"Roaming liquid"で使用した打楽器(一部)】
img_EFE#4_打楽器.jpg

2曲目はマーラーの5番。
長大な曲ゆえ、消化し切れていない印象もあって、ドキドキの部分もありましたが、全体としてはワクワクする若さを感じさせる演奏でした。
【演奏会終了後のステージ】
img_EFE#4_終演後.jpg

【楽屋前のホワイトボードの落書き】
img_EFE#4_ぼへちゃん.jpg

それにしても、かつては「アマチュアがマーラーの交響曲を演奏する」というだけで、話題になった時代もあったのですが、いまや珍しくも何ともなくて、きょうも別会場(川崎方面)では、マーラーの7番を演奏するアマオケの演奏会があったとのこと。
日本は「アマオケ大国」であると改めて思いました。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

賑やかな協奏曲と思索的な『大地の歌』【マーラー祝祭オケを聴く】 [音楽・楽器]

連日ですが、きのうは知人多数出演のこちらの演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
マーラー祝祭オーケストラ特別演奏会
(マーラー・フェスティバル・イン・ミューザ川崎 プレ・コンサート)
日時:2015年8月22日(土)15:30開演
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール(JR川崎駅前)
指揮:井上喜惟(音楽監督)
独奏:カレン・ハコビアン(ピアノ)
独唱:今尾滋(テノール)
  蔵野蘭子(アルト)
曲目:ハチャトリアン ピアノ協奏曲変ニ長調
   マーラー 交響曲「大地の歌」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_MFOJ201508.jpg

こちらのオケ、井上喜惟氏の下、マーラーの曲を取り上げていたジャパン・グスタフ・マーラー・オーケストラ (JMO)を母体に、ミューザ川崎などの支援を受けて発足したそうで、来年2月に交響曲第8番(「千人の交響曲」)を演奏する予定。
今回はその「プレ・コンサート」との位置づけのようです。

1曲目のハチャトリアンのコンチェルトは、まったく初めて聴きました。
ハチャトリアンというと「剣の舞」を含む「ガイーヌ」(ガヤネー)や、「仮面舞踏会」などがよく知られています。
私も「仮面舞踏会」はなんどか演奏したことがあります。
「仮面舞踏会」はゆっくりした叙情的な楽章もあるのですが、やはり速くて賑やかな部分が印象に残りますし、「剣の舞」も同様。

きのうのピアノ協奏曲も、賑やかな部分が「ハチャトリアンらしい」と感じました。
ソリストのハコビヤン氏は大変な技巧の持ち主でした。

後半の「大地の歌」。
上記交響曲第8番のあとに作曲されましたが、マーラーは「第9番」と命名するのをあえて避けたのだそうです。
李白など中国の詩(漢詩)をベースにした6曲の歌が大規模なオーケストラをバックに歌い上げられます。

きのうは、アルトの蔵野蘭子さんが出色でした。
ミューザの2階席までしっかりと届く、説得力のある歌声でした。

オーケストラは、このまとまりにくい曲を懸命に演奏している、という感じ。

この規模の曲になると、練習するだけでも大変な苦労を伴うと思うので、演奏だけでなく運営にあたった皆さんに敬意を表するとともに、来年の8番に向け健闘をお祈りしたいと思います。
(私は実は聴きに行けないことが確定しているのですが…。)
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

誠実さを感じさせるベートーヴェンでした【アットホームpresents N響演奏会を聴く】 [音楽・楽器]

きょうはNHK交響楽団がベートーヴェンの作品3曲を演奏するというので聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
アットホーム presents N響 SPECIAL CONCERT
日時:2015年8月21日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京赤坂
指揮:ヨーン・ストルゴーズ
ピアノアリス・沙良・オット
曲目:ベートーヴェン 「エグモント」序曲
   同 ピアノ協奏曲第3番ハ短調
   同 交響曲第5番ハ短調「運命」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_N響アットホーム20150821.jpg

指揮者のストルゴーズはフィンランドの人。
元々はヴァイオリニストで、スウェーデン放送交響楽団でコンサートマスターを務めていたそうです。

そして、独奏のアリス・沙良・オットはすっかりおなじみのドイツ人と日本人を両親に持つまだ20代のピアニスト。
演奏会で協奏曲を聴くのは、この1年ほどで3〜4回目のような気がします。

一方、交響曲第5番(「運命」)は5日前の日曜日に読響でも聴いたばかりでした。

私はベートーヴェンの曲を演奏する「PROJECT Bオーケストラ」を主宰しているわけですが、「エグモント」序曲は去年、ピアノ協奏曲3番と交響曲5番はおととし演奏したばかり。
舞台後ろ側のP席だったこともあり、ずっと指揮者を見ていました。
(独奏のアリス・沙良・オットは容姿もとても素敵なんですが、私の席からは指揮者の陰になって、時々見えるだけでした。)

演奏ですが、全体として奇を衒(てら)うところがなくて、とても誠実なベートーヴェンだったと思います。
N響もいつもにまして「真面目な演奏」という感じでした。

PROJECT Bオーケストラの次の演奏会は来年4月ですが、きょうの演奏を聴いていたら、早く練習・本番をやりたくなりました。
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『三大交響曲』はオーソドックスな好演でした【マズア指揮=読響を聴く】 [音楽・楽器]

本日は読響のオペラシティ名曲シリーズを聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
第3回東京オペラシティ名曲シリーズ
日時:2015年8月16日14時開演
会場:東京オペラシティ コンサートホール(東京・初台)
指揮:ケン=デイヴィッド・マズア
曲目:シューベルト 交響曲第7番ロ短調「未完成」
   ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調(「運命」)
   ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調「新世界から」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響201508.jpg

「未完成」「(通称)運命」「新世界(から)」の3曲は、クラシックファン以外にもうよく知られている名曲ということで、俗に「三大交響曲」などと呼ばれているようです。

この3曲に共通しているのは「曲のタイトル(愛称)」が付けられていること。
アマチュアオーケストラでよく演奏される曲としては、ブラームス交響曲1番、チャイコフスキー交響曲5番などが上位に入りますが、きょうの「未完成」「運命」「新世界」は聴く方にも演奏する方にも人気ということは言えると思います。

ちなみに「新世界から」はドヴォルザーク自身の命名ですが、「未完成」は2楽章までしか書かれず完成していないことによる名前ですし、「運命」は弟子が「脚色」したエピソードに基づく「俗称」です。

読響は毎年夏休みに、この3曲をプログラムとする演奏会を開いているとのこと。
今回は、「オペラシティ名曲シリーズ」の1回としてチケットを購入していたので、足を運びました。

指揮のマズアは、読響名誉指揮者であるドイツの巨匠、クルト・マズアの息子。
アメリカでの活動が多いためか、David英語読みですね。)
まだ38歳だということですが、非常に手慣れた棒で、オケもオーソドックスな好演でした。

ポピュラー系でもそうだと思いますが、音楽は知っている曲の方が入り込みやすいような気がします。

なお、読響は今月21日にはメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、ドヴォルザークのチェロ協奏曲、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番という「三大協奏曲」の演奏会も開くことになっています。
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

連続のブラームス2番は好演でしたが…【セレーナ第6回演奏会を聴く】 [音楽・楽器]

きのう日曜日は家族の出演する演奏会を聴きに行きました。
メインの曲目は2日前の東大オケと同じブラームスの2番!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
オーケストラ・セレーナ第6回演奏会
日時:2015年8月9日(日)午後2時開演
会場:ティアラこうとう大ホール(東京・江東区)
指揮:中田延亮
独奏:津田裕也(ピアノ)
曲目:シューマン 劇音楽「マンフレッド」序曲
   シューマン ピアノ協奏曲イ短調
   ブラームス 交響曲第2番ニ長調
  <アンコール>
   ブラームス ハンガリー舞曲第6番
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_セレーナ2015.jpg
この団体の演奏会は昨年に続いて聴きました。

ほかの団体でも熱心に活動しているメンバーが集まっている団体で、知り合いも多数。
個人個人の技術水準が高いので相変わらず安心して聴くことができました。
特にピアノ協奏曲がオケ、ソリストともによかったと思います。
パートでは金管楽器と低弦(チェロ・コントラバス)がいい感じでした。

ただ、前半・後半ともに、金管・打楽器が「本気」を出すと弦楽器がややパワー不足という印象。
人数のせいか、それともホールのせいかは分かりませんが…。
そして、ところどころ管楽器と弦楽器が噛み合わない部分があって、全体のレベルが高いだけにちょっと気になりました。

前半は2階席最前列、後半は1階席中ほどに座ったのですが、演奏中にずっとメモを取っている「ぶらあぼおじさん」や、演奏後の拍手中にブツブツしゃべってる高齢者がいて、なんだかなあって感じでした。

ちなみに、後半のメイン曲(ブラームス)とアンコールは金曜日の東大オケとまったく同じでした。
「夏向き」なんでしょうかねえ…?
そして、ブラームス2番冒頭のチェロとコントラバスの弓順はどちらのオケも「アップ」(上げ弓)からでした。
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ちょっと荒削りながらも若々しくハイレベルな演奏でした【東大オケ2015サマコン東京公演を聴く】 [音楽・楽器]

きのうは東大オケのサマーコンサートを聴きに行きました。
会場は池袋の東京芸術劇場。

東大オケの演奏会は今年1月の定期演奏会に続いてのこと。
そしてサマーコンサートを聴いたのは3年前の神奈川・海老名での公演以来です。

img_東大オケ2015サマコン@芸劇.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東京大学音楽部管弦楽団サマーコンサート2015 東京公演
日時:2015年8月7日(金)19時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:三石精一
曲目:モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲
   R.シュトラウス 交響詩「ドン・ファン」
   ブラームス 交響曲第2番
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


三石先生は、東大オケを40年近く指導していて、80歳を超える今でもまったく変わらない指揮ぶり。
「矍鑠(かくしゃく)としている」などという言葉を使うのも失礼なほど…。

さて、きのうの演奏会ですが、ちょっとだけ荒削りな部分も全体的にはとても整ったレベルの高い、若々しい演奏でした。

最初の「魔笛」序曲は、ちょっと慎重な始まりで、後半になってオケがよく鳴ってきた印象。

2曲目の「ドン・ファン」はとても勢いがあって、もっとも若々しい印象でした。

メインのブラームス2番ですが、三石先生の棒が先へ先へ行くのに対し、どのように「つけていく」のか、オケの内部での『コンセンサス』が出来ていない印象で、ときどきアンサンブルが乱れたのが気になりました。

でも、どの曲もアマチュアオケ、大学オケとしては極めてハイレベルな演奏であることは間違いないと思います。
この演奏会の前に横浜公演を終えていて、来週には宇都宮と札幌でも演奏会を開催するそうです。
詳しい情報はこちらから→サマーコンサート2015
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「中の人などいない」「古語と現代語のあいだ」「うわさとは何か」「『快速』と『準急』はどっちが速い?」=読み終わった本(2015.07) [読書]

「読み終わった本」リスト(忘備録)、2015年7月分です。
7月は、いろいろと忙しかったうえに、旅行書(ガイドブック)とか楽譜とか雑誌・ムックなどを多く呼んだ関係で、ここの紹介するのは4冊だけになってしまいました。

▼読み終わった本
*「中の人などいない @NHK広報のツイートはなぜユルい?」
浅生鴨・著、 新潮文庫


ツイッターの「NHK広報局」アカウントの担当者が書いた本。
私自身、2009年からツイッターやってまして、「NHK広報局」はだいぶ前からフォローしていますが、不思議な雰囲気を持った「企業アカウント」として東日本大震災のころから大いに注目されています。
2012年に書籍版が出ていたんですが、文庫化されたので早速読みました。
まあ、NHKは「準・お役所」みたいな組織であることが想像されるんですが、そのなかでいろいろ奮闘・苦労しながら、独特の「ユルさ」を見出していくようすがとても興味深いと思いました。

▼読み終わった本
*「古語と現代語のあいだ―ミッシングリンクを紐解く」
白石良夫・著、NHK出版新書

古語と現代語のあいだ―ミッシングリンクを紐解く

古語と現代語のあいだ―ミッシングリンクを紐解く

  • 作者: 白石 良夫
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2013/06/05
  • メディア: 新書

著者は文部省(文部科学省)で教科書検定の仕事に携わっていた元公務員(その後大学教授)だそうです。
なかなか面白い本でした。
日本語の表記は時代によっていろいろと変わってきたわけですが、「古語と現代語は別の体系だ」という考え方は違うのではないかと思っていました。
この本が力が入れている論点はいくつかあるようですが、その一つは「歴史的仮名遣い美しいか」という第9章にあるのではないかと思います。
ここで論じる余裕はないし、説明できるほど理解できてないんですが、「古き良き日本」といったイメージは実体のないものなのかもしれません。

▼読み終わった本
*「うわさとは何か - ネットで変容する『最も古いメディア』」
松田美佐・著、中公新書

うわさとは何か - ネットで変容する「最も古いメディア」

うわさとは何か - ネットで変容する「最も古いメディア」

  • 作者: 松田 美佐
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/04/24
  • メディア: 新書

古くから、というより言語を獲得してからずっとそうだと思うんですが、人間同士のコミュニケーションと切っても切れないであろう「うわさ」について考える最新の論考。
「インターネット時代のうわさ」について、いろんな側面から考えています。
ネット上で「シェア・拡散」される「いい話」の類とかも取り上げられています。
ネット上では「情けは人のためならず」という『ことわざ』が可視化・具現化されていることとか、「ネットでは出会いたい人や情報に出会いやすい」という指摘など、「なるほど」と思いました。

▼読み終わった本
*「『快速』と『準急』はどっちが速い? 鉄道のオキテはややこしい」
所澤秀樹・著、光文社新書

「快速」と「準急」はどっちが速い? 鉄道のオキテはややこしい

「快速」と「準急」はどっちが速い? 鉄道のオキテはややこしい

  • 作者: 所澤 秀樹
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2015/07/16
  • メディア: 新書

宮脇、種村両氏のあとを襲うように鉄道関係の著書を出している所澤氏の最新刊。
国鉄・JRの「優等列車」の「名前」の付け方や、私鉄(民鉄)の列車種別の話など、さすが!というべきこだわりぶり。
ちなみに「優等列車の名前」とは「さくら」「富士」「ひかり」「はやぶさ」「踊り子」などの「愛称」のこと。
そして「列車種別」とは「急行」「快速」「準急」「快速急行」「各駅停車」「普通」などのことです。
「各駅停車」と「普通」がどう違うのかなど、皆さん分かりますか?
(興味ある方はこの本を読んでみてください。)
普段「乗るだけ」の人にはどうでもいいであろうことにこだわっていて、「そう、そう」とうなずきながら読みました。

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

真夏のロシア音楽は今年もアツかった【ダヴァーイ演奏会を聴く】 [音楽・楽器]

去年につづきオーケストラ・ダヴァーイの演奏会を聴きに行きました。
会場は2週間前に自分が出演する演奏会のあったすみだトリフォニーホール。
【錦糸町〜ホール間から撮影のスカイツリー】
img_スカイツリー201508.jpg
【トリフォニーホールのロビーにあるワーグナーテューバ】
img_ワグチュー201508.jpg

このオーケストラはロシア音楽を主要レパートリーとするアマチュアの団体で、拙著「アマチュアオーケストラに乾杯!」でも取材して紹介しました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
オーケストラ・ダヴァーイ第9回演奏会
日時:2015年8月2日(日)13:30開演
会場:すみだトリフォニーホール
指揮:森口真司
曲目:ストラヴィンスキー バレエ音楽「ペトルーシュカ」1911年原典版
   プロコフィエフ 「ロメオとジュリエット」全曲版より
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_ダヴァーイ201508.jpg

どちらも有名曲ですが、通常よく演奏される曲とは版(バージョン)が違っていて、かなり長くなってます。
聞いたことがある部分が出てくるとホッとします…。(苦笑)

前半のペトルーシュカは、「オケが若干消化不良なのかな」と思いました。
「楽譜(音符)を演奏する」「ほかの楽器と合わせる」のに一生懸命な感じがしました。
森口氏の棒も、「分かりやすく振ろう」という意図が前面に出た感じ。

一方、後半の「ロメオとジュリエット」は、一部が携帯電話会社のCMなどでも使われたおなじみの作品。
私自身は40年近く前に一度だけ演奏したことがあります。
こちらは、前半のストラヴィンスキーに比べれば、もう少し『こなれた』感じがして、いい演奏でした。

とにかく、どちらもとても『アツい』演奏で、毎年「この暑い時期によくやるな」と思わずにはいられません。
来年は8月末らしいので、少しは涼しくなっているでしょうか…。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽