So-net無料ブログ作成
検索選択

「高校野球の経済学」「東京の鉄道発達史」「〈ひらがな〉の誕生」「一冊でまるごとわかるローマ帝国」=読み終わった本(2016.08) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2016年8月分です。

▼読み終わった本
*「高校野球の経済学」
中島隆信・著、東洋経済新報社

高校野球の経済学

高校野球の経済学


帯には「男子高校生の10人に1人が野球部」「平日昼間に視聴率20%超」「超人気コンテンツには強い『仕掛け』があった!」「汗と涙の裏側にある特殊構造に迫る」との売り文句。
「経済学」という題名ですが、金銭面だけでなく、高校野球を取り巻く独特の「文化」や不思議なルール・システムについて深く掘り下げています。
今でこそサッカーの人気が高まっていますが、それでも野球は、新聞社やテレビ(NHK)の力もあって、高校生のスポーツの中で特別扱いされています。
オーケストラや吹奏楽について考えるにあたっても、とても参考になる本でした。


▼読み終わった本
*「地図で解明! 東京の鉄道発達史」
今尾恵介・著、JTBパブリッシング

地図で解明!  東京の鉄道発達史

地図で解明! 東京の鉄道発達史

  • 作者: 今尾 恵介
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 単行本

毎度おなじみ、アマチュア打楽器奏者であり地図の専門家でもある今尾氏の本。
東京の鉄道網がどのように築かれてきたかがよく分かる本です。
高校を卒業して東京に住むようになってからだいぶ経ちますが、その間にも東京には新たな路線が誕生し、またいろんな改良が行われています。
人口減少時代の鉄道のあり方はどうなっていくのでしょうか。

▼読み終わった本
*「〈ひらがな〉の誕生」
山口謠司・著、中経の文庫

〈ひらがな〉の誕生

〈ひらがな〉の誕生

  • 作者: 山口 謠司
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/05/13
  • メディア: 文庫

考えてみれば当たり前のことですが、文字が生まれるためには、新しい文化や思想が存在したわけで、そうした当時の時代背景や国際情勢がよく分かる本でした。
菅原道真ほか歴史上の有名人の名前もたびたび登場してきます。

▼読み終わった本
*「一冊でまるごとわかるローマ帝国」
本村凌二・著、だいわ文庫

一冊でまるごとわかるローマ帝国

一冊でまるごとわかるローマ帝国

  • 作者: 本村 凌二
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2016/07/09
  • メディア: 文庫

「ローマ帝国」といわれても断片的な知識しかなかったのですが、この本は文庫1冊の中でその歴史を体系的に教えてくれるとても勉強になる本でした。
イタリアには何度か行ったことがありますが、ローマ市内にある「コロッセオ」や「フォロ・ロマーノ」など、当時から残る建造物はいつ見ても圧倒されますし、ポンペイの遺跡を見ると、現代社会でも当時のローマ人より低い生活水準の社会(国)はたくさんあることを思い知らされます。
人間社会の歴史とは不思議なものだと思わされました。

▼読み終わった本
*「レトロな旅時間 ポルトガルへ」
矢野有貴見・著、イカロス出版(旅のヒントBOOK)

レトロな旅時間 ポルトガルへ

レトロな旅時間 ポルトガルへ

  • 作者: 矢野有貴見
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2013/02/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

先に読んだヤマザキマリ氏の「リスボン日記」に続き、ポルトガル関係の本。
長崎出身なのでポルトガルには子供のころから親しみを抱いていますが、現地に行ってみたくなる本でした。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 2

YAP

今年の夏、西日本へ行って思ったのは、高校野球人気は健在だったということ。
オリンピックの時期と重なっていたけど、ブラジルとの時差が真逆ということもあってか、昼間は高校野球優勢な感がありました。
by YAP (2016-09-03 16:53) 

Lionbass

YAPさま
朝日新聞=夏の甲子園、毎日新聞=センバツ、読売新聞=プロ野球(巨人)という役割分担が固まっていますし、NHKにとっても高校野球はおいしい『コンテンツ』になっていますね。
NHKは高校野球中継の「放映料」は支払っていない(タダ)なんだそうです。
by Lionbass (2016-09-11 20:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。