So-net無料ブログ作成
検索選択

『マエストロの白熱教室2016』に参加しました [音楽・楽器]

きのう日曜日は、「マエストロの白熱教室2016」というイベントに参加してきました。

東京音楽大学指揮科の教授である指揮者の広上淳一先生が、「普段音大で行っている授業を公開で行う」というコンセプトの催し(公演)です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
マエストロの白熱教室 2016
~指揮者・広上淳一の音楽道場~

日時:2016年7月24日(日)13:00開演
会場:フィリアホール(横浜・青葉台)
出演:広上淳一 ほか東京音楽大学指揮科教員
   東京音楽大学指揮科学生
   東京音楽大学器楽科学生によるオーケストラ
曲目:ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_白熱教室2016.jpg

実は、この公演、3年前の初回、2年前の第2回と客席で聴いて(見て)ました。
「マエストロの白熱教室」
「マエストロの白熱教室 2014」

そして、ブログにはアップしていませんでしたが、去年(7月)は指揮科の聴講生として、「授業を受ける」側としてステージ上にいました。
今回で、4回すべてに参加したことになります。

初回の2013年の前に、NHKで指揮科の授業(合同レッスン)の様子が番組として放送され、それも見ました。
「オーケストラを指揮するとはどういうことか」について、考えさせられる番組でした。

フィリアホールでの公演(授業)は、音楽やオーケストラ、そして指揮について詳しくない人を含め、とても興味深い内容になっていたと思います。

きのうは指揮科の学生(4年生)に対するレッスン(実際にオーケストラを指揮しての授業)が中心でしたが、1~3年生や聴講生も少しだけ振りました。

同じ人たちが同じ曲を演奏しても、やはり個性が出るものですね。
でも、もっと個性が出てもいいのではないかと思いました。

第4楽章とか、みんな同じテンポだったんですが、結構速くて、オーケストラは大変だったと思います。
皆さん、お疲れさまでした。
そういえば、第1回はベートーヴェンの8番だったんですが、やはりみんな同じテンポだったのを今でも覚えています。

このレッスンに登場した学生・聴講生の中に、未来のマエストロ(巨匠)がいる…のでしょうか?
nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。