So-net無料ブログ作成
検索選択

「マスク」&「ディヴァージェンツ」=思い出の吹奏楽曲(9)= [音楽・楽器]

先日「ウン十年ぶりの吹奏楽」というエントリーに書いたように、吹奏楽の演奏会に出演する予定で、いろいろと思い出してます。

家にある吹奏楽のCDを引っ張りだしてきたほか、YouTubeで聴いたりもしてます。

ところで、前ブログ時代から「思い出の吹奏楽曲」の話を書いてきましたが、半分がオーケストラ曲の編曲ものでしたが、きょうはいわゆる「吹奏楽オリジナル」。

アメリカの作曲家、ウィリアム・フランシス・マクベス「マスク」「ディヴァージェンツ」です。

「マスク」(Masque)は1967年の作曲だそうです。
中学校の頃、九州の吹奏楽「強豪校」として有名だった福岡の嘉穂高校の演奏を聴いて、すごくかっこいい曲だと思いました。
「マスク」



冒頭の「ジャジャッ・ジャーン」というユニゾンのフレーズと、それに続くスネアドラムやシロホン(木琴)のリズムがとにかく印象的です。
残念ながら自分では演奏した経験がありません。
「シンフォニア・ノビリッシマ」とともに「1度は演奏してみたい曲」の筆頭です。


そして、もう1曲の「ディヴァージェンツ」は、同じW.F.マクベスの1969年作曲。
高校3年生のときの吹奏楽コンクールの自由曲として、第3、第4楽章を演奏しました。
半年近くにわたって毎日のように演奏していたわけで、「青春の曲」の1つです。

「ディヴァージェンツ」


ちなみに、このときは3rdクラリネットを担当してましたが、練習のときはずっと指揮してました。
もう一度やってみたいと思います。

なお、これまでに書いた「思い出の吹奏楽曲」のラインナップは以下の通りです。
「エルザの大聖堂への行進」=思い出の吹奏楽曲(8)=
「スラブ行進曲」&「1812年」序曲=思い出の吹奏楽曲(7)=
「双頭の鷲の旗の下に」=思い出の吹奏楽曲(6)=
「シンフォニア・ノビリッシマ」=思い出の吹奏楽曲(5)=
「サスカッチアンの山」=思い出の吹奏楽曲(4)=
組曲「惑星」より「木星」=思い出の吹奏楽曲(3)=
ショスタ5の4楽章=思い出の吹奏楽曲(2)=
チャイ4の4楽章=思い出の吹奏楽曲(1)=

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 2

青沢東(QMY)

私の思い出の吹奏楽はなんだろうか?と思い返してみると…

ディズニーメドレー
ルパン三世のテーマ
コパカバーナ

…なんだかポップな曲が多かったような気がします。
by 青沢東(QMY) (2011-01-26 16:49) 

Lionbass

青沢東さま
私はビートルズマニアなので、ビートルズの曲をやったのも印象に残ってます。
「イエスタデイ」とか「オブラディ・オブラダ」とかいろいろ…。
by Lionbass (2011-02-01 18:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: