So-net無料ブログ作成
検索選択

石本弾コントラバス・リサイタルを聴く [音楽・楽器]

石本弾さんというベルギー在住のコントラバス奏者リサイタルを聴いてきました。

コントラバス奏者の演奏会を聴くのは、去年夏に2度↓↓行って以来。
「ダシュンCbコンサートを聴く」
「コントラバスでバッハ『無伴奏チェロ組曲』」


日時:2011年1月6日午後7時開演
会場:東京文化会館小ホール(上野
曲目:エルガー 「愛の挨拶」(ピアノ=鎌田千佳)
   ボッテシーニ 「カプリッチョ・ディ・ブラヴーラ」(同上)
   ヘルトゥル 「コントラバスとピアノのためのソナタ」(同上)
   クーセヴィツキー コントラバス協奏曲嬰ヘ短調
   ボッテシーニ バイオリンとコントラバスとオーケストラのための大協奏曲(グランデュオ)
         (Vn=崔文珠)
<アンコール>
   バッハ 「管弦楽組曲第3番より『アリア』」(G線上のアリア)

IMG石本弾プログラム.jpg

テクニック的にはとても凄いと思いました。
個人的には、ソロの場合はゲーリー・カー的な「音圧」のある音が好みかもしれません。
(カー以外にあんなおとはほとんど聴いたことないんですが…。)

前半に比べれば、後半のクーセヴィツキーとボッテシーニはいいと思いました。


<追記> 石本さんは、コントラバス独奏としては珍しく、椅子に座って演奏してました。
(弓はジャーマン)
床(というか台)が滑るのを防ぐため、椅子に紐(ワイヤー?)が付けられていて、エンドピンを輪っかに入れて演奏してました。



実はクーセヴィツキーの協奏曲は、ウン十年前の学生時代に全曲弾いたことがあるのですが、ロマンチックななかなか素敵な曲です。
昔を思い出しながら聴いてました。
(年を取った証拠ですね。)

後半の『伴奏』は弦楽器+ホルン2本という小編成。
プロアマ混成で、コントラバスに旧知の某KO大学出身奏者がいました。
会ったのはたぶん16年ぶりくらいです。
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 9

コメント 4

yogawa55はやぶさ

低音のベースは聴こえにくいのですが、じつは聴こえていると思います。
旋律を聴きながら、コントラバスの部分を探し出す楽しみがあります。
 (私見)
by yogawa55はやぶさ (2011-01-07 21:21) 

Lionbass

yogawa55はやぶささま
コメントありがとうございます。
そうですね。
聞こえてはいるわけですが、オケの中で弾くのとソロで弾くのでは、やはり違うような気がするのですが…。
by Lionbass (2011-01-09 19:42) 

青沢東(QMY)

さすがにコントラバスのコンサート…知ってる曲はG線上のアリアしかなかった…(涙)。
by 青沢東(QMY) (2011-01-26 12:47) 

Lionbass

青沢東さま
アンコールは別として、プログラム中1曲だけ弾いたことがありました。
by Lionbass (2011-01-30 19:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。